橋本環奈&上白石萌音「千と千尋の神隠し」始動、辻本知彦はカオナシ風パフォーマンス

6

2155

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 503 1603
  • 49 シェア

舞台「千と千尋の神隠し」の製作発表記者会見が、昨日11月9日に東京都内で行われた。

左から今井麻緒子、ジョン・ケアード、上白石萌音、橋本環奈。

左から今井麻緒子、ジョン・ケアード、上白石萌音、橋本環奈。

大きなサイズで見る(全9件)

東宝の創立90周年を記念して世界初演される本作は、宮崎駿が監督を務めたスタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」の舞台化作品。会見には翻案・演出のジョン・ケアード、共同翻案の今井麻緒子のほか、出演者より千尋役の橋本環奈上白石萌音、ハク役の醍醐虎汰朗三浦宏規、カオナシ役の菅原小春辻本知彦、リン / 千尋の母役の咲妃みゆ妃海風、釜爺役の田口トモロヲ橋本さとし、兄役 / 千尋の父役の大澄賢也、湯婆婆 / 銭婆役の夏木マリ朴ろ美が登壇した。

舞台「千と千尋の神隠し」ポスタービジュアル

舞台「千と千尋の神隠し」ポスタービジュアル[拡大]

会見ではまず本作のポスタービジュアルがお披露目された。壇上に設置された大きなパネルを覆うベールが橋本環奈と上白石によって床に落とされると、橋本環奈扮する千尋がピンク色の花々に囲まれるビジュアルと、上白石扮する千尋が青空と水面を背景に立つビジュアルが姿を現した。

舞台「千と千尋の神隠し」製作発表記者会見の様子。

舞台「千と千尋の神隠し」製作発表記者会見の様子。[拡大]

冒頭には、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが登場。鈴木は「宮崎(駿監督)は『あんなに多くの人に支持されたのだから、もうこの映画は自分のものではなく、皆さんのもの』と話していました」と宮崎監督のコメントを紹介。さらに鈴木はキャストたちのほうに向き直り、「がんばってください!」とエールを送った。

翻案・演出のケアードは「『千と千尋の神隠し』は演劇的だと感じていた」そうで、スタジオジブリの宮崎、鈴木に対面して舞台化のオファーをした際のことを「宮崎さんは数分話してすぐに『いいよ!』と舞台化をご快諾された。でも直後に『どうやるの?』と聞かれ、私はパニックでした(笑)」と振り返った。ケアードは舞台版に向けて「出演者は映画のキャラクターよりさらに“カラフル”。楽しい作品になると保証します」と上演に期待を寄せる。また上演に向けて「日本的なものに敬意を払いたい」と述べ、「映画をただまねるのではなく、舞台ならではの表現ができたら」と意気込んだ。

橋本環奈

橋本環奈[拡大]

上白石萌音

上白石萌音[拡大]

橋本は今回が初舞台。橋本は「私は今まで緊張したことがありませんでした。でも今初めて緊張を感じています……」と話し、「右も左も上も下もわかりませんが、皆さんの背中から何でも吸収して、とにかくまっすぐぶつかりたい」と言葉に力を込める。7歳のとき映画「千と千尋の神隠し」を初めて観たと言う上白石は「リスペクトと覚悟と責任を持って演じたい。映画を観るほどに『舞台でどうやるのかな?』とハテナマークが浮かびますが、ジョンの頭に素敵なアイデアがたくさんあるはず。千尋のように勇敢にがんばります」とコメントした。

醍醐は「家のお風呂で何を話すか考えましたが、この場に立ったら全部忘れてしまった」と打ち明けて会場を和ませる。醍醐は好きなシーンを「千尋の両親がブタになる前に、おいしそうなご飯を食べているところ」と紹介しつつ、「皆さんの胸を借りながら精一杯やりたい」と力強く語った。三浦は「ハクが竜になるところがどう表現されるのか、僕自身も楽しみ。ファンの方の期待を裏切らないようがんばります」とメッセージを送った。

カオナシをイメージしたパフォーマンスを即興で披露し、会見場を沸かせた辻本知彦(中央右)。

カオナシをイメージしたパフォーマンスを即興で披露し、会見場を沸かせた辻本知彦(中央右)。[拡大]

菅原は「『カオナシは(動きが)“キレキレ”なの?』といろいろな人に聞かれて」と笑い交じりに話し、「カオナシが何なのかはよくわかりませんが、生きているのは確か。人間ができる最大限の身体表現を使って“なまもの”をお届けしたい」とメッセージを送る。辻本は「僕は踊りがうまいので(笑)、プレッシャーはありません。でも技術だけでやるのではなく、カオナシの存在の悲しみを表現したい」と話す。さらに辻本は「ちょっと踊っていいですか?」と、壇上でカオナシをイメージしたパフォーマンスを披露。菅原に両手を差し出して「ア……ア……」と声を出す辻本を目にしたケアードは「カオナシをどう表現すべきか、今わかった。これが答えだ」とコメントし、場内を沸かせた。

「幼少期からスタジオジブリ作品のファン」だと言う咲妃は「素敵なポスターを拝見し、興奮を抑えるのに必死」と目を輝かせ、「地に足を着け、現実世界を生きる千尋の母と、千尋を支え、あと押しするリンを演じられたら」と語る。妃海は「リンとして夏木さん、朴さんの下で働き、橋本さん、上白石さんの面倒を見る。そんな経験は二度とできないと思うので幸せです。がんばろう!」と記者たちを笑わせた。

田口は「帝劇に立つこと、『千と千尋の神隠し』に参加すること、そしてジョン・ケアードとのコラボレーション。“三つ巴の緊張”です(笑)」と胸の内を明かす。橋本さとしは「僕は憑依型の役者なので、きっと(釜爺のように)必ず腕か何かが生えてくるはず」と笑いを誘う。またミュージカル「ナイツ・テイル─騎士物語─」でケアードとタッグを組んでいる大澄は「ジョンは何があっても穏やかで、常に平等。そんな彼と一緒に作品に挑めることが本当に光栄です」と思いを口にした。

左から朴ろ美、上白石萌音、橋本環奈、夏木マリ。

左から朴ろ美、上白石萌音、橋本環奈、夏木マリ。[拡大]

夏木は映画製作時のエピソードを「初めは湯婆婆をステレオタイプの悪役だと解釈してアフレコに行きました。でも宮崎さんから『スタジオジブリの鈴木敏夫は、悪い人に見えることもあるかもしれない。だけど彼は一生懸命働いてお金を勘定しているだけ。湯婆婆も悪い人だと思わず、油屋を懸命に守っているおばちゃんとして演じてほしい』とオーダーがあった」と、映画製作時のエピソードを披露。上演に向けては「映画から20年後に“実演”がかなうとは。新人のつもりでがんばります」と喜びをのぞかせた。

さらに朴は「演劇集団 円に所属していた頃『千と千尋の神隠しに出るんだね』と言われたけど、皆さんが(映画版で千尋の声を務めた)柊瑠美さんのお名前を私だと誤解していたらしい」と裏話を披露して報道陣を笑わせ、「キャストの皆さんが燃えている。私も熱さに負けず、帝劇を油屋に変えたい」と抱負を述べた。

会見終盤、司会の笠井信輔が「カオナシはどのような演出で見せるのか教えてほしい」とケアードに問いかける。これを聞いたケアードは「教えると思う?(笑)」と切り返して会見場を和やかな笑いに包み、取材は終了した。

公演は来年2・3月に東京・帝国劇場、4月に大阪・梅田芸術劇場 メインホール、5月に福岡・博多座、6月に北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru、6・7月に愛知・御園座にて。東京公演のチケット一般前売は12月18日にスタートする。

この記事の画像(全9件)

舞台「千と千尋の神隠し」

2022年2月28日(月)・3月1日(火)※プレビュー公演
2022年3月2日(水)~29日(火)
東京都 帝国劇場

2022年4月13日(水)~24日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

2022年5月1日(日)~28日(土)
福岡県 博多座

2022年6月6日(月)~12日(日)
北海道 札幌文化芸術劇場 hitaru

2022年6月22日(水)~7月4日(月)
愛知県 御園座

原作:宮崎駿
翻案・演出:ジョン・ケアード
共同翻案:今井麻緒子

キャスト

千尋:橋本環奈上白石萌音
ハク:醍醐虎汰朗三浦宏規
カオナシ:菅原小春辻本知彦
リン / 千尋の母:咲妃みゆ妃海風
釜爺:田口トモロヲ橋本さとし
湯婆婆 / 銭婆:夏木マリ朴ろ美

兄役 / 千尋の父:大澄賢也
父役:吉村直
青蛙:おばたのお兄さん

阿部真理亜、新井海人、五十嵐結也、桜雪陽子、大重わたる、折井理子、可知寛子、香月彩里、城俊彦、末冨真由、田川景一、竹廣隼人、知念紗耶、手代木花野、中上綾女、花島令、松之木天辺、水野栄治、武者真由、保野優奈、八尋雪綺、YAMATO、山野光

※宮崎駿の「崎」は立つ崎(たつさき)、辻本知彦の「辻」はしんにょうの点1つ、朴ろ美の「ろ」は王へんに路が正式表記。

全文を表示

※2022年5月17日追記:5月17日公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

読者の反応

  • 6

タカラヅカ歌劇ポータル@宝塚歌劇・宝塚OG情報を発信中 @zukazuka_info

【会見レポート】橋本環奈&上白石萌音「千と千尋の神隠し」始動、辻本知彦はカオナシ風パフォーマンス(写真9枚)
#千と千尋の神隠し
https://t.co/E9Vib2TxLy

コメントを読む(6件)

関連記事

橋本環奈のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 橋本環奈 / 上白石萌音 / 醍醐虎汰朗 / 三浦宏規 / 菅原小春 / 辻本知彦 / 咲妃みゆ / 妃海風 / 田口トモロヲ / 橋本さとし の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします