ケムリ研究室の“小粋な予習”「砂の女」リーディング&トーク詳細発表、ツイキャス配信も

278

6月11日に東京・LOFT9 Shibuyaで開催される「ケムリ研究室『砂の女』を研究する ~リーディング&トーク~」の詳細が発表された。

ケムリ研究室。左からケラリーノ・サンドロヴィッチ、緒川たまき。

ケムリ研究室。左からケラリーノ・サンドロヴィッチ、緒川たまき。

大きなサイズで見る(全4件)

これは、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下KERA)と緒川たまきのユニット・ケムリ研究室が、8・9月に上演する「砂の女」に先がけて行うイベント。感染予防対策のため70席限定となる本イベントだが、このたびTwitCasting(ツイキャス)で配信されることが決定した。

当日は、安部公房の小説「砂の女」から一部抜粋した緒川によるリーディング、KERAと緒川が「砂の女」について語り合うトークが実施される予定。KERAと緒川は「やがて来る夏に(『砂の女』の上演は夏であることが必須でした)客席から観てくださろうとしている皆様にも小粋な予習になることでしょう。ケムリ研究室、初めての研究会、どうぞ気軽にご見学ください」と連名でコメントを発表した。イベントの会場チケット、配信チケットの販売は5月15日10:00にスタート。

なお「砂の女」の公演は8月22日から9月5日まで東京・シアタートラム、9月に兵庫にて行われる。

ケムリ研究室コメント

ケムリ研究室のロゴ。

ケムリ研究室のロゴ。[拡大]

ケムリ研究室ではこの夏、舞台「砂の女」を上演予定です。それはそれはワクワクする演目で、是非ご期待いただきたいのですが、ケムリ研究室としてどの様に手をつけるべきか悩み多き高き山でもあります。

安部公房の原作小説をもとに、ああでもない、こうでもない、ああしよう、こうしよう、を地道に繰り返していくその過程を、ちょっとご見学いただくというのはどうだろう、そこから何か、ピリッとしたものが生まれるかもしれない。生まれなければそれはそれでよいではないか。というのがこのイベントの趣旨です。きっと楽しい時間になることでしょう。やがて来る夏に(『砂の女』の上演は夏であることが必須でした)客席から観てくださろうとしている皆様にも小粋な予習になることでしょう。

ケムリ研究室、初めての研究会、どうぞ気軽にご見学ください。

ケムリ研究室

ケラリーノ・サンドロヴィッチ

緒川たまき

この記事の画像(全4件)

「ケムリ研究室『砂の女』を研究する ~リーディング&トーク~」

2021年6月11日(金)
東京都 LOFT9 Shibuya

出演:緒川たまきケラリーノ・サンドロヴィッチ

ケムリ研究室no.2「砂の女」

2021年8月22日(日)~9月5日(日)
東京都 シアタートラム

2021年9月
兵庫県

原作:安部公房
上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:緒川たまき、仲村トオル / オクイシュージ、武谷公雄、吉増裕士、廣川三憲

全文を表示

関連記事

ケラリーノ・サンドロヴィッチのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ / 緒川たまき の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします