荒井敦史&藤間爽子が挑む「いとしの儚」、演出は東京夜光・川名幸宏

202

「いとしの儚(はかな)」が、3月6日から14日まで東京のザ・スズナリで上演される。

「いとしの儚」キービジュアル(撮影:神ノ川智早)

「いとしの儚」キービジュアル(撮影:神ノ川智早)

大きなサイズで見る(全2件)

横内謙介の「いとしの儚」は、扉座により2000年に初演された作品。今回は、横内に師事する東京夜光の川名幸宏が演出、Baobabの北尾亘が振付を手がけ、出演者には荒井敦史、 日本舞踊家で阿佐ヶ谷スパイダースのメンバーでもある藤間爽子、柿喰う客の七味まゆ味、猫のホテルの市川しんぺーらが名を連ねた。

負け知らずの博打打ち・鈴次郎(荒井)は、鬼との勝負に勝ち、鬼が墓場の死体を集めて作り上げた絶世の美女・儚(藤間)を手に入れる。しかし儚は、作られてから100日間経たずに抱かれると水になってしまうという。鈴次郎と共に人間として生きることを夢見る儚だったが、孤独に過ごしてきた鈴次郎は儚の思いに戸惑い、博打をやめることができない。やがて“ツキの神様”にも見放された鈴次郎は、負けが続き……。チケット情報は続報を待とう。

この記事の画像(全2件)

「いとしの儚」

2021年3月6日(土)~14日(日)
東京都 ザ・スズナリ

作:横内謙介
演出:川名幸宏
振付:北尾亘
出演:荒井敦史藤間爽子、丸山港都、砂田桃子、新原武、三浦修平、草野俊平、笹本志穂、濱佑太朗、水越朋七味まゆ味 / 市川しんぺー

全文を表示

関連記事

荒井敦史のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 荒井敦史 / 藤間爽子 / 川名幸宏 / 北尾亘 / 横内謙介 / 新原武 / 水越朋 / 七味まゆ味 / 市川しんぺー の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします