葵わかなと森崎ウィン、点灯式で日比谷に「キャッツ」の魔法かける

32

昨日1月8日に東京・日比谷ステップ広場で行われた「映画『キャッツ』×HIBIYA Magic Time Illumination」のジェリクル点灯式に、日本語吹き替え版キャストの葵わかな森崎ウィンが登場した。

「映画『キャッツ』×HIBIYA Magic Time Illumination」点灯式より。左から森崎ウィン、葵わかな。

「映画『キャッツ』×HIBIYA Magic Time Illumination」点灯式より。左から森崎ウィン、葵わかな。

大きなサイズで見る(全7件)

「HIBIYA Magic Time Illumination」は“まばたきするたびに、あなたの大切な瞬間を彩る”をコンセプトに日比谷エリアで展開するイルミネーションで、今回は映画「キャッツ」とコラボレートする。イルミネーションの色は「メモリー」などの劇中曲に合わせて変化し、「キャッツ」の世界観が表現される。

葵わかな

葵わかな[拡大]

イベントでは、司会者の紹介で葵と森崎が舞台に登場し、主人公ヴィクトリアを演じた葵が「寒い中、お集まりいただきありがとうございます」とあいさつした。魔法猫ミストフェリーズ役を務めた森崎は「足が震えていますが(笑)、今日はミストフェリーズの魔法で皆さんを温めたいと思っています」と点灯式への意気込みを語った。

森崎ウィン

森崎ウィン[拡大]

点灯前に、まずは森崎の「Alright! 3、2、1、マジック」の合図で広場のイルミネーションが消灯し、一帯が闇に包まれた。続いて葵と森崎が声を合わせて点灯させようとするが、森崎は「さん」、葵は「スリー」と、互いに掛け声がかみ合わないハプニングも。仕切り直して再び臨むと、今度は広場の街路樹に色とりどりの華やかな明かりがともった。

掛け声が合わない森崎ウィン(左)と葵わかな(右)。

掛け声が合わない森崎ウィン(左)と葵わかな(右)。[拡大]

点灯式を終えた葵は「すごく素敵だと思います」と素直に感想を語る。続けて吹き替えについて、「どうしてヴィクトリアが主人公に選ばれたのか考えながら演じていました。試写を観たときに、(白猫のヴィクトリアは)白だけど無色な印象があって。お客様がヴィクトリアの視点を通してカラフルな猫たちの世界に入っていけるのかなと。ワールドプレミアでお会いしたフランチェスカ・ヘイワードさんもヴィクトリアのような雰囲気がありました」と役についての思いを述べ、さらに「日本版を観たお客様がどのように感じてくださるか、ドキドキしています」と心境を語った。

森崎は「声だけで演じるのは難しかったです。猫の動きをよく訓練して演じられていたので、ブースの中で声だけで表現する僕らも『キャッツ』の世界に入り込んだかのような感覚に陥って。作品にそれだけのエネルギー、マジカルな世界に連れて行ってくれる力があるんだと感じながら演じていました」と明かした。

また映画「キャッツ」は、新しく生きることを許される猫を選ぶ、特別な一夜を描いた物語だ。作品にちなみ、どんなミラクルを起こしたいかと問われた葵が「年明けに実家で新しい猫を飼い始めて(笑)、うめきちと私が命名したんですが、『キャッツ』も公開されますし、今年はまさに“猫年”。両親、兄弟、そして猫自身を説得して、うめきちと二人暮らしをしたい」と話すと、森崎は「大丈夫、ミストフェリーズが奇跡を起こします。サッとうめきちさんが現れますよ」とコメント。葵は「助かります」と笑顔を見せ、会場は笑いに包まれた。続けて森崎が、「全世界で2カ国しか許されていない吹き替え版のうちの1カ国で(声を)担当しているからこそ、全国の映画館で作品を満員御礼にしたい」と野望を語ると、葵が「イルミネーションもともしちゃったし、起こせるでしょう!」と請け合い、和やかなうちに会見は終了した。

映画「キャッツ」は1月24日より全国ロードショー。日本語吹き替え版には、葵、森崎のほかに山崎育三郎大貫勇輔大竹しのぶ山寺宏一浦嶋りんこRIRI宮野真守沢城みゆき山路和弘宝田明らが参加している。

この記事の画像(全7件)

関連記事

葵わかなのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 葵わかな / 森崎ウィン / 山崎育三郎 / 大貫勇輔 / 大竹しのぶ / 山寺宏一 / 浦嶋りんこ / RIRI / 宮野真守 / 沢城みゆき の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします