ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

映画「キャッツ」日本版に山寺宏一、宮野真守、山路和弘、宝田明ら

348

上段左から山寺宏一、浦嶋りんこ、RIRI、宮野真守。下段左から沢城みゆき、山路和弘、宝田明。

上段左から山寺宏一、浦嶋りんこ、RIRI、宮野真守。下段左から沢城みゆき、山路和弘、宝田明。

映画「キャッツ」の日本語吹替版に、山寺宏一浦嶋りんこRIRI宮野真守沢城みゆき山路和弘宝田明が参加する。

山寺は神出鬼没で恐ろしい力を持つ“お尋ね者”の猫・マキャヴィティ、宝田は劇場の大スターだった過去の栄光を懐かしむ老猫・ガスの吹替を担当。昼間はぐうたら、夜は元気なおばさん猫・ジェニエニドッツ役を浦嶋、マキャヴィティと行動をともにする妖艶な雌猫・ボンバルリーナ役をRIRIが務める。さらにコソ泥カップル猫のマンゴジェリーとランペルティーザ役には宮野と沢城、「テムズの悪魔」と恐れられた荒くれ猫・グロールタイガー役には山路がキャスティングされた。

自身と役の共通点について、ジェニエニドッツ役の浦嶋は「私も夜行性で、夜の活動が活発。○キブリは食べないですが、ネズミは子供の頃ポケットに入ってました(笑)」、マンゴジェリー役の宮野は「おどけ役でお調子者なところと、小心者なところでしょうか……(笑)」、グロールタイガー役の山路は「ただの酔っ払いのオヤジみたいになったかなぁ、、だとしたら、それが共通点?」とそれぞれ分析し、ガス役の宝田も「老猫エンジン全開すれど、悲しいかな体力が、深い溜息が、人生を感じさせる」と語っている。

トム・フーパーが監督を務める本作は、アンドリュー・ロイド=ウェバーのミュージカル「キャッツ」の映画化作品。吹替版は日本含め世界で2カ国のみ制作を許可され、日本版には既報の通り、葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次(ロバート)、森崎ウィン(PRIZMAX)、大貫勇輔、藤原聡(Official髭男dism)、大竹しのぶらが出演する。映画「キャッツ」は1月24日より全国ロードショー。

山寺宏一 コメント

演じた感想

参加出来て嬉しかったです! ミュージカルで観たマキャヴィティは、あまり姿を現さず歌ってもいなかったと記憶してるんですが、映画版ではしっかり出て来て歌も(少しですが)歌っているので、やりがいがありました! 不気味で怖いだけじゃないんです。

宝田明 コメント

演じた感想

此の世に存する生命体は、全て喜怒哀楽を有する。
猫とて同じ事。彼が吐き出す言葉に少しく味付けをして、素直に挑戦した。

キャラクターとの共通点

老猫エンジン全開すれど、悲しいかな体力が、深い溜息が、人生を感じさせる。

浦嶋りんこ コメント

演じた感想

世界で二カ国のみ!に、吹替え収録後あらためて震えがきてます!
最高に興奮して吹替えに挑みました!

キャラクターとの共通点

私も夜行性で、夜の活動が活発。
◯キブリは食べないですが、ネズミは子供の頃ポケットに入ってました(笑)

RIRI コメント

演じた感想

ミュージカルも、映画の吹替えも初めての経験でしたので、とてもエキサイトしました!
ボンバルリーナは、妖艶な猫のキャラクターなので表現が難しかったですが、すべて本当に楽しくて、
演じることの楽しさも知れた、とても素敵な機会でした!

キャラクターとの共通点

ボンバルリーナのキャラクターは、私にはない側面をたくさん持ってるので、その分、
初めての表現が多くて、演じていてとても楽しかったです!
日本語版のボンバルリーナ、ぜひ楽しみにしていてくださいね!

宮野真守

演じた感想

「キャッツ」を観劇して大変感動し、衝撃を受けたので、このような形で携わることができて、本当に幸せです!

キャラクターとの共通点

おどけ役でお調子者なところと、小心者なところでしょうか……(笑)

沢城みゆき

演じた感想

楽曲の中でキャラクターを作っていく作業は初めてで、1テイク毎に細かな演出をいただき、少しづつ形にしていきました。…我慢はしない気質のランペル! 解放されるようで心地良かったです。

キャラクターとの共通点

…ぱっと、思いついたのは、相方のことが大好きなところ(笑)でしょうか。
宮野さんとこうした間柄は新鮮で嬉しかったです。

山路和弘

演じた感想

歌だけ吹替るなんて、生涯ないと思ってた。選んでいただけて光栄でした。
そして機会をくれたキャッツに感謝。

キャラクターとの共通点

ただの酔っ払いのオヤジみたいになったかなぁ、、だとしたら、それが共通点?

(c)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

ステージナタリーをフォロー