ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

峯村リエ・入江雅人・小島聖ら出演、KAKUTA「往転」装い新たに

228

KAKUTA presents「往転(オウテン)」が、2月20日から3月1日まで東京・本多劇場で上演される。

2011年にKAKUTA・桑原裕子の脚本、青木豪の演出で初演された「往転(オウテン)」は、第56回岸田戯曲賞および第15回鶴屋南北戯曲賞にノミネートされた作品。同作を、KAKUTAの俳優で代表を務める成清正紀が立ち上げたMonkey Biz合同会社の「Monkey Biz」シリーズ第1弾として上演する。なお今回の公演では桑原が演出も務める。

劇中では4つの物語が展開。リストラされた男とかつての愛人が織りなす「アンチェイン・マイ・ハート」、双子の兄弟が経営する桃農場に兄の婚約者を名乗る女性が現れる「桃」、自宅の2階から飛び降りた女性が昏睡状態から目覚め、同室の男性と心を通わせる「いきたい」、息子の友人と同じバスに乗り合わせた母親の姿を描く「横転」だ。

出演者には、峯村リエ入江雅人小島聖米村亮太朗異儀田夏葉多田香織、置田浩紳、森崎健康、吉田紗也美、長村航希、成清正紀、岡まゆみが名を連ねる。チケットは1月10日に販売スタート。

KAKUTA presents Monkey Biz #1「往転(オウテン)」

2020年2月20日(木)~3月1日(日)
東京都 本多劇場

作・演出:桑原裕子
出演:峯村リエ入江雅人 / 小島聖米村亮太朗 / 異儀田夏葉多田香織、置田浩紳、森崎健康、吉田紗也美 / 長村航希 / 成清正紀岡まゆみ

ステージナタリーをフォロー