ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

範宙遊泳、山本卓卓がニューヨークで書き下ろす新作に百瀬朔・村岡希美ら

146

範宙遊泳「ディグ・ディグ・フレイミング! Dig Dig Flaming!」が、2020年4月10日から19日まで東京・東京芸術劇場 シアターイーストで上演される。

本作は、アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)の日米芸術交流プログラム NYフェローシップに選出され、現在、アメリカ・ニューヨークに滞在中の山本卓卓が現地で書き下ろす新作。

山本は上演に際し、「猛烈に、しかし静かに変わりゆく人々のライフスタイルのなかで、誰もがアイドルに、誰もが人気者になり得るテクノロジー、サービスを私たちは手に入れています。この素晴らしい世界を無邪気に遊ぶ一方で、陶酔や狂気の只中にいることをいまいち理解できていません」と述べ、作品について「インフルエンサーの群像劇になります。掘って掘って炎上する。あなたと一緒に笑いたい」とコメントしている。

出演者には、範宙遊泳メンバーの埜本幸良福原冠に加え、劇団 短距離男道ミサイルの小濱昭博油井文寧、青年団 / 東京デスロックの李そじん百瀬朔、ナイロン100℃ / 阿佐ヶ谷スパイダースの村岡希美が名を連ねた。チケットの一般販売は2020年1月26日にスタート。

山本卓卓コメント

ディグディグフレイミングというタイトルの演劇をつくります。猛烈に、しかし静かに変わりゆく人々のライフスタイルのなかで、誰もがアイドルに、誰もが人気者になり得るテクノロジー、サービスを私たちは手に入れています。この素晴らしい世界を無邪気に遊ぶ一方で、陶酔や狂気の只中にいることをいまいち理解できていません。ディグディグフレイミング。インフルエンサーの群像劇になります。掘って掘って炎上する。あなたと一緒に笑いたい。

範宙遊泳「ディグ・ディグ・フレイミング! Dig Dig Flaming!」

2020年4月10日(金)~19日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

作・演出:山本卓卓
出演:埜本幸良福原冠 / 小濱昭博油井文寧李そじん / 百瀬朔 / 村岡希美

※2020年3月17日追記:本公演は新型コロナウィルスの影響で中止となりました。なお今後の上演については現在協議中。

ステージナタリーをフォロー