HANA'S MELANCHOLY「春のめざめ」新訳版&現代の東京に置き換えた翻案版

108

HANA'S MELANCHOLY「SPRING AWAKENING -春のめざめ-」が、11月22日から12月1日まで東京のギャラリー・ルデコ 3Fで上演される。

HANA'S MELANCHOLY vol.3「『SPRING AWAKENING -春のめざめ- Version1892 & Version2019』」チラシ表

HANA'S MELANCHOLY vol.3「『SPRING AWAKENING -春のめざめ- Version1892 & Version2019』」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

これはフランク・ヴェデキントの戯曲「春のめざめ」を原案とした作品。一川華による新訳版“Version1892(ドイツ版)”と、すべての設定を2019年の東京に置き換えた翻案版“Version2019(東京版)”が回替わりで上演される。また、19世紀当時、表現規制のためにカットされたシーンを同じくカットして上演する“規制版”も披露される。

一川は上演に際し、「私たち独自の新しい『春のめざめ』を創作致します」と意気込み、「両方のバージョンを見比べてお客様一人一人の『春のめざめ』を発見してください」とメッセージを送った。演出は大舘実佐子が担当する。

一川華コメント

「性」の弾圧、表現規制、親と子の切れたコミュニケーションなど「春のめざめ」は現代の日本に生きる私たちにも通じる問題を提起してくれる名作戯曲です。様々な演出家や劇団によって上演が繰り返されている作品ですが、今回HANA'S MELANCHOLYでは私たち独自の新しい「春のめざめ」を創作致します。Version1892では原作の19世紀ドイツ、Version2019では2019年の東京、日替わりで時や国境を超え性に悩む子供たちに焦点を当てていきます。是非、両方のバージョンを見比べてお客様一人一人の「春のめざめ」を発見してください。

この記事の画像(全2件)

HANA'S MELANCHOLY vol.3「『SPRING AWAKENING -春のめざめ- Version1892 & Version2019』」

2019年11月22日(金)~12月1日(日)
東京都 ギャラリー・ルデコ 3F

作・原案:フランク・ヴェデキント
翻訳・構成:一川華
演出:大舘実佐子

キャスト

Version1892(ドイツ版):照井健仁、近藤まこと、溪美智、井口大地、廣瀬楽人、鈴木彩乃、佐藤琴音、福嶋望実、森さとる、林加奈枝

Version2019(東京版):橋岡未浪、岡拓未、松下芽萌里、山川大智、都竹悠河、簑手美沙絵、本多彗、伊藤友惠、浅見臣樹、佐護舞衣

全文を表示

関連記事

照井健仁のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 照井健仁 / 鈴木彩乃 / 小林加奈枝 / 都竹悠河 / 浅見臣樹 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします