Mo'xtra「グリーン・マーダー・ケース」&その後を描く新作、2作品同時上演

15

169

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 61 107
  • 1 シェア

Mo'xtra Produce「グリーン・マーダー・ケース × ビショップ・マーダー・ケース」が、昨日5月13日に東京・吉祥寺シアターで開幕した。

「グリーン・マーダー・ケース × ビショップ・マーダー・ケース」より。(撮影:三浦えり)

「グリーン・マーダー・ケース × ビショップ・マーダー・ケース」より。(撮影:三浦えり)

大きなサイズで見る(全4件)

「グリーン・マーダー・ケース × ビショップ・マーダー・ケース」より。(撮影:三浦えり)

「グリーン・マーダー・ケース × ビショップ・マーダー・ケース」より。(撮影:三浦えり)[拡大]

「グリーン・マーダー・ケース」は、須貝英の脚本・演出により2017年に初演された作品。S・S・ヴァン・ダインの小説「グリーン家殺人事件」「僧正殺人事件」をもとに、1920年代のアメリカ・ニューヨークを舞台にした物語が展開される。

「グリーン・マーダー・ケース × ビショップ・マーダー・ケース」より。(撮影:三浦えり)

「グリーン・マーダー・ケース × ビショップ・マーダー・ケース」より。(撮影:三浦えり)[拡大]

今回は「グリーン・マーダー・ケース」と、その1年半後を描いた新作「ビショップ・マーダー・ケース」を同時上演。「グリーン・マーダー・ケース」では、主人公の刑事サイモン・ブレイ役を鍛治本大樹、探偵ファイロ・ヴァンス役を齋藤陽介が演じ、「ビショップ・マーダー・ケース」では、サイモン・ブレイ役を林田航平、ファイロ・ヴァンス役を大塚宣幸が務める。

「グリーン・マーダー・ケース × ビショップ・マーダー・ケース」より。(撮影:三浦えり)

「グリーン・マーダー・ケース × ビショップ・マーダー・ケース」より。(撮影:三浦えり)[拡大]

両作品の脚本・演出を手がける須貝は「とにかくキャストとスタッフの技と個性、魅力が光る作品なので、是非劇場で体感していただきたい仕上がりになっています。どちらか一方の作品だけでも観ていただけたら嬉しいのですが、多分一方を観たらもう一方も観たくなってしまうと思います! 劇場にてお待ちしております!」とコメントした。

「グリーン・マーダー・ケース」の上演時間は休憩ありの約2時間15分、「ビショップ・マーダー・ケース」は休憩ありの約2時間25分。公演は5月19日まで。

この記事の画像(全4件)

Mo'xtra Produce「グリーン・マーダー・ケース × ビショップ・マーダー・ケース」

2022年5月13日(金)~19日(木)
東京都 吉祥寺シアター

「グリーン・マーダー・ケース」

脚本・演出:須貝英
出演:鍛治本大樹齋藤陽介毛利悟巳平田裕一郎、今泉舞、小口ふみか、ヨシケン改、伊与勢我無野口オリジナル小林春世角健士、大澤彩未、ザンヨウコ小玉久仁子

「ビショップ・マーダー・ケース」

脚本・演出:須貝英
出演:林田航平大塚宣幸加藤良輔竹井亮介佐藤みゆき照井健仁永田紗茅、中野亜美、寺内淳志武市佳久田中千佳子大内厚雄永宝千晶

全文を表示

読者の反応

真柴あずき @azukimashiba

西川君に代わって大内厚雄君が出演の『ビショップ・マーダー・ケース』観劇。観ながら初演の『グリーン~』がじわじわ脳内で甦る。ミステリなので下手な感想は書けないけど、謎解きをたっぷり堪能。帰り道、用事があって、普段なら決して通らない道を歩いてて、『グリーン~』主役のかじもんに文字数 https://t.co/9jQ1p37mEB

コメントを読む(15件)

須貝英のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 須貝英 / 鍛治本大樹 / 齋藤陽介 / 毛利悟巳 / 平田裕一郎 / 伊与勢我無 / 野口オリジナル / 小林春世 / 角健士 / ザンヨウコ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします