ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

南果歩&小久保寿人が合唱団と織りなす、瀬戸山美咲演出「あの出来事」開幕

278

シリーズ「ことぜん」Vol.2「あの出来事」より。(撮影:宮川舞子)

シリーズ「ことぜん」Vol.2「あの出来事」より。(撮影:宮川舞子)

シリーズ「ことぜん」の第2弾「あの出来事」が、本日11月13日に東京・新国立劇場 小劇場で開幕した。

シリーズ「ことぜん」は、“一人の人間と一つの集合体”の関係を題材にした3作品を、新国立劇場 小劇場で10月から12月にかけて連続上演する企画。「あの出来事」は、2011年にノルウェーのウトヤ島で起きた、極右思想の青年による銃乱射事件をモチーフにしたフィクションで、生き残った合唱団の女性指導者の俳優に対し、犯人の少年役の俳優がほかのすべての役を演じる。

日本初演となる今回は、ミナモザの瀬戸山美咲が演出を担当し、南果歩小久保寿人が出演するほか、30名の“「あの出来事」合唱団”と伴奏者が参加する。上演時間は1時間40分を予定しており、公演は11月26日まで。なお11月19日14:00回の終演後には瀬戸山と出演者によるシアタートークが行われる。

なおステージナタリーでは「あの出来事」の特集を展開中。特集では、演出の瀬戸山と翻訳の谷岡健彦の対談を掲載している。

新国立劇場 2019 / 2020シーズン演劇 シリーズ「ことぜん」

2019年10月~12月

シリーズ「ことぜん」Vol.2「あの出来事」

2019年11月13日(水)~26日(火)
東京都 新国立劇場 小劇場

作:デイヴィッド・グレッグ
翻訳:谷岡健彦
演出:瀬戸山美咲
出演:南果歩小久保寿人
「あの出来事」合唱団(五十音順):秋園美緒、あくはらりょうこ、石川佳代、カーレット・ルイス、笠原公一、かとうしんご、鹿沼玲奈、上村正子、木越凌、岸本裕子、小口舞馨、小島義貴、櫻井太郎、桜庭由希、Sunny、白神晴代、菅原さおり、杉山奈穂子、鈴木里衣菜、武田知久、谷川美枝、富塚研二、中村湊人、松浦佳子、南舘優雄斗、柳内佑介、山口ルツコ、山本雅也、吉岡あきこ、吉野良祐
ピアノ:斎藤美香

ステージナタリーをフォロー