ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

庭劇団ペニノ「笑顔の砦」神奈川・愛知公演に向け稽古中

145

庭劇団ペニノ「『笑顔の砦』RE-CREATION」稽古の様子。

庭劇団ペニノ「『笑顔の砦』RE-CREATION」稽古の様子。

9月19日に開幕する庭劇団ペニノ「『笑顔の砦』RE-CREATION」より、タニノクロウ緒方晋のコメントと稽古場の写真が届いた。

「笑顔の砦」は2006年に初演され、第52回岸田國士戯曲賞にノミネートされた庭劇団ペニノの作品。2018年には関西で活動する俳優、スタッフたちを中心としたリクリエーション版が立ち上げられ、今回はその関西バージョンの再演となる。

作・演出のタニノは、上演に向けて「凄くベタな人情話です。でもその『人情』を飽きるほど見つめました。多くの方の心に響く作品になったと手応えを感じています」、キャストの緒方は「『笑顔の砦』には色々な事情を抱えた人が出て来ます。この作品を創った僕達も色々な事情や価値観を持っています。皆んなで1つの旗を目指してあーでもないこーでもないと創った作品です。寛容で直向きな世界を沢山の人に観て頂きたいです」とコメントした。

公演は9月19日から23日まで神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ、28・29日に愛知・穂の国とよはし芸術劇場 PLAT アートスペースにて行われる。

タニノクロウ コメント

こんにちはタニノクロウです。2006年の再演となっていますが、完全に書き直した新作のようなものです。そして俳優、スタッフたちに刺激を受けながら、城崎国際アートセンターで濃密な稽古を重ね仕上げました。
凄くベタな人情話です。でもその「人情」を飽きるほど見つめました。多くの方の心に響く作品になったと手応えを感じています。

緒方晋コメント

この作品は座組の皆んなで兵庫県の城崎温泉にある城崎アートセンターで寝泊まりして創作しました。
「笑顔の砦」には色々な事情を抱えた人が出て来ます。この作品を創った僕達も色々な事情や価値観を持っています。皆んなで1つの旗を目指してあーでもないこーでもないと創った作品です。
寛容で直向きな世界を沢山の人に観て頂きたいです。

庭劇団ペニノ「『笑顔の砦』RE-CREATION」

2019年9月19日(木)~23日(月・祝)
神奈川県 KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ

2019年9月28日(土)・29日(日)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT アートスペース

作・演出:タニノクロウ
出演(五十音順):井上和也、FOペレイラ宏一朗緒方晋、坂井初音、たなべ勝也、野村眞人百元夏繪

ステージナタリーをフォロー