劇団青年座、戦時中ひたむきに生きる人々描く「明日」演出補は山本龍二

68

劇団青年座「明日-1945年8月8日・長崎」が、7月10日から17日まで東京・東京芸術劇場 シアターイーストで上演される。

劇団青年座 第237回公演「明日-1945年8月8日・長崎」チラシ表

劇団青年座 第237回公演「明日-1945年8月8日・長崎」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

井上光晴の小説を原作とした本作は、1989年に初演された作品。今回は2009年に死去した鈴木完一郎の演出をもとに、山本龍二が演出補という形で演出を引き継いで立ち上げる。

舞台となるのは、1945年8月の長崎。三浦家では泰一郎、ツイ夫妻の次女・ヤエと製鋼所の工員・中川庄治の婚礼が行われようとしていた。一方、ヤエの姉・ツル子は臨月を迎え、初めての子の誕生を待っている。8月9日の早朝、ついに赤子が誕生し……。本作の劇中では、戦時中、ひたむきに生きる人々の姿が描かれる。

この記事の画像(全2件)

劇団青年座 第237回公演「明日-1945年8月8日・長崎」

2019年7月10日(水)~17日(水)
東京都 東京芸術劇場シアターイースト

原作:井上光晴
脚色:小松幹生
演出:鈴木完一郎
演出補:山本龍二

出演:山本与志恵津田真澄山賀教弘、五十嵐明、佐野美幸、山崎秀樹、柳下季里、遠藤好、高松潤小暮智美桜木信介逢笠恵祐、前田聖太、田上唯、田邉稚菜、角田萌果

※山崎秀樹の「崎」は立つ崎(たつさき)、逢笠恵祐の「逢」はしんにょうの点ひとつが正式表記。

全文を表示

関連記事

劇団青年座のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団青年座 / 山本龍二 / 山本与志恵 / 津田真澄 / 山賀教弘 / 柳下季里 / 高松潤 / 小暮智美 / 桜木信介 / 逢笠恵祐 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします