ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台「幕末太陽傳 外伝」に崎山つばさ、共演に蒼木陣・磯貝龍虎・鐘ヶ江洸ら

1345

舞台「幕末太陽傳 外伝」ロゴ

舞台「幕末太陽傳 外伝」ロゴ

舞台「幕末太陽傳 外伝」が、4月18日から28日まで東京・三越劇場で上演される。

本作は1957年公開の映画「幕末太陽傳」を舞台化するもの。映画を手がけた川島雄三監督の生誕100周年記念企画の一環として上演される本公演では、主人公の居残り佐平次役を崎山つばさが務め、このほかの出演者には蒼木陣磯貝龍虎鐘ヶ江洸小坂涼太郎小松準弥林明寛三浦海里が名を連ねている。

舞台は文久2年、江戸に隣接する品川宿。大尽を装って遊郭旅籠の相模屋で豪遊した佐平次は、金がないことを若衆に打ち明けると、“居残り”と称して相模屋に長居を決め込み……。脚本・演出はなるせゆうせいが担当する。

舞台「幕末太陽傳 外伝」

2019年4月18日(木)~28日(日)
東京都 三越劇場

原作:映画「幕末太陽傳」(c)日活株式会社(監督:川島雄三 脚本:田中啓一、川島雄三、今村昌平)
脚本・演出:なるせゆうせい
出演:崎山つばさ / (以下五十音順)蒼木陣磯貝龍虎鐘ヶ江洸小坂涼太郎小松準弥林明寛三浦海里 ほか

(c)日活/ADKクリエイティブ・ワン

ステージナタリーをフォロー