ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台「幕末太陽傳 外伝」開幕、佐平次役の崎山つばさ「調子よく、飄々と」

1618

舞台「幕末太陽傳 外伝」ゲネプロより。

舞台「幕末太陽傳 外伝」ゲネプロより。

舞台「幕末太陽傳 外伝」が本日4月18日に東京・三越劇場で開幕。初日に先駆け同日、ゲネプロと囲み取材が実施された。

川島雄三監督生誕100周年プロジェクトの一環として上演される本作は、1957年に公開された川島の代表作「幕末太陽傳」を、なるせゆうせいの脚本・演出で舞台化するもの。舞台は文久2年、江戸に隣接する品川宿。大尽を装って遊郭旅籠の相模屋で豪遊した佐平次は、金がないことを若衆に打ち明けると、“居残り”と称して相模屋に長居を決め込み……。

開演すると、緞帳の前に語り部役の柳亭小痴楽が登場し、軽妙な語り口で観客を物語の世界にいざなう。ストーリーは華やかな和装の出演者たちによる歌や踊りを交えながら展開。崎山つばさは軽やかな身のこなしと豊かな表情で、お調子者の居残り佐平次をチャーミングに演じる。また入江甚儀は、義理堅い高杉晋作が理想に燃える様子をまっすぐに表現した。このほか小松準弥演じる徳三郎や林明寛演じる貸本屋金造、磯貝龍乎演じる若衆喜助が茶目っ気たっぷりに舞台上をかき回す様子や、蒼木陣扮する久坂玄瑞、小坂涼太郎扮する品川涼太郎、鐘ヶ江洸扮する志道聞多、三浦海里扮する白井小助のテンポのよいやりとりにもぜひ注目しよう。

ゲネプロ後に行われた囲み取材には崎山をはじめ、入江、愛原実花武藤十夢、中野あいみ、小痴楽が出席。崎山は「初日を迎えられてうれしいですが、ちょっとテンションが上がりすぎて鼻をぶつけてしまいました……でもご心配なく!(笑)」と、苦笑いでゲネプロでのハプニングを振り返る。続けて崎山は「歴史上の人物である高杉晋作と、架空の人物である佐平次が夢のかけ合いを繰り広げます。千秋楽まで調子よく、飄々と生きていけたら」と意気込んだ。

続く入江は「日本の未来を考えて行動していた高杉には、先見の明がありました。高杉とはまた違った先見の明を持っていた佐平次との違いを表現できたらと思いますし、高杉と佐平次の化学反応を楽しんでいただきたいです」と観客にメッセージを送る。

女郎おそめ役の愛原は「昔から大好きな映画なので参加できてうれしいです」と喜びを口にし、女郎こはる役の武藤は「花魁役で緊張していますが、周りの皆さんがとても心強い。最後まで楽しみたいです」と笑顔を見せる。さらに女中おひさを演じる中野あいみは「初めての舞台で緊張していますが、おひさになりきれるよう精一杯がんばります!」と気合十分に述べ、小痴楽も「皆さんとこのように舞台に立つのは初めて。手取り足取り教えていただいています」とカンパニーに信頼を寄せた。

最後に出席者を代表し、崎山が「この作品は川島雄三監督の生誕100周年記念で上演されます。『幕末太陽傳』がさらに100年先にも語り継がれるよう、一丸となって最後までがんばります」と挨拶し、囲み取材は終了した。上演時間は約2時間。公演は4月28日まで。

舞台「幕末太陽傳 外伝」

2019年4月18日(木)~28日(日)
東京都 三越劇場

原作:映画「幕末太陽傳」(c)日活株式会社(監督:川島雄三 脚本:田中啓一、川島雄三、今村昌平)
脚本・演出:なるせゆうせい
出演:崎山つばさ / 入江甚儀愛原実花武藤十夢、中野あいみ / 小松準弥林明寛磯貝龍乎、丸山優子、久下恵美向野章太郎 / 蒼木陣小坂涼太郎鐘ヶ江洸三浦海里 / あまりかなり、南米仁、千葉一磨、井上果歩、仲野泰平、杉本真子、山口翼、沼田楓愛 / 津田英佑野添義弘
語り部:柳亭小痴楽(Wキャスト)、春風亭昇々(Wキャスト)

(c)日活/ADKクリエイティブ・ワン

ステージナタリーをフォロー