ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台「幕末太陽傳 外伝」ビジュアル解禁、崎山つばさ「佐平次を自分らしく」

937

4月に上演される舞台「幕末太陽傳 外伝」より、キービジュアル2点が明かされた。

今回お目見えしたビジュアルには、主人公・佐平次役の崎山つばさの姿が収められている。また併せて、崎山からのコメントも到着。上演に向け崎山は「語り継がれてきた伝説の映画を今、舞台で表現することにプレッシャーはありますが、物語に出てくる『佐平次』という人間を自分らしく生きて生きて生き抜こうと強く思います」と意気込んでいる。

川島雄三監督生誕100周年プロジェクトの一環として上演される本作は、1957年に公開された川島の代表作「幕末太陽傳」を舞台化するもの。出演者には崎山のほか入江甚儀愛原実花武藤十夢、中野あいみ、小松準弥林明寛磯貝龍虎、丸山優子、久下恵美向野章太郎蒼木陣小坂涼太郎鐘ヶ江洸三浦海里、そして津田英佑野添義弘らが名を連ね、さらに柳亭小痴楽、春風亭昇々がWキャストで語り部を務める。脚本・演出を務めるのはなるせゆうせい。公演は4月18日から28日まで、東京・三越劇場にて。

崎山つばさコメント

語り継がれてきた伝説の映画を今、舞台で表現することにプレッシャーはありますが、物語に出てくる「佐平次」という人間を自分らしく生きて生きて生き抜こうと強く思います。今作が僕の舞台初主演となりますが、今まで舞台で教えてもらったことを全て出し、そしてまた新しい自分も見つけられるよう全力で臨みます。
観に来て下さったお客様が余韻で劇場に居残りたくなる。そんな作品にしたいと思います。

舞台「幕末太陽傳 外伝」

2019年4月18日(木)~28日(日)
東京都 三越劇場

原作:映画「幕末太陽傳」(c)日活株式会社(監督:川島雄三 脚本:田中啓一、川島雄三、今村昌平)
脚本・演出:なるせゆうせい
出演:崎山つばさ / 入江甚儀愛原実花武藤十夢、中野あいみ / 小松準弥林明寛磯貝龍虎、丸山優子、久下恵美向野章太郎 / 蒼木陣小坂涼太郎鐘ヶ江洸三浦海里 / あまりかなり、南米仁、千葉一磨、井上果歩、仲野泰平、杉本真子、山口翼、沼田楓愛 / 津田英佑野添義弘
語り部:柳亭小痴楽(Wキャスト)、春風亭昇々(Wキャスト)

(c)日活/ADKクリエイティブ・ワン

ステージナタリーをフォロー