範宙遊泳「うまれてないから~」ビジュアル公開、山本卓卓「多様さを凝視したい」

103

1月から2月にかけて上演される範宙遊泳「うまれてないからまだしねない」のビジュアルが公開された。

範宙遊泳「うまれてないからまだしねない」チラシ表

範宙遊泳「うまれてないからまだしねない」チラシ表

大きなサイズで見る(全9件)

「うまれてないからまだしねない」は、2014年に東京・東京芸術劇場 シアターイーストで初演された作品。地球に少しずつ起こり始める異変と環境の変化に翻弄される者たちの姿が、俳優の言葉と身体、文字・映像との対話を通じて描き出される。リクリエーションして上演される今作ついて、作・演出の山本卓卓は「初演から5年が経ち、範宙遊泳も日本も世界も、何かが様変わりし、何かは昔のまま変わらない。私には5年前よりもずっと多様に見える」とコメントし、「いずれにせよこの多様さをいっそう凝視したい。嘘も真実も文字も人も物体も音も光も闇もすべてが同時に併置される、より鮮明に」と思いを述べた。なお今回お披露目されたビジュアルの写真は写真家・黒田菜月が手がけている。

キャストには範宙遊泳の熊川ふみ埜本幸良福原冠に加え、稲継美保野口卓磨松本亮山崎皓司山田由梨油井文寧、そして銀粉蝶が名を連ねた。公演は1月31日から2月3日まで東京・本多劇場にて。

※黒田菜月の「黒」は旧字体が正式表記。

山本卓卓コメント

初演から5年が経ち、範宙遊泳も日本も世界も、何かが様変わりし、何かは昔のまま変わらない。私には5年前よりもずっと多様に見える。いる人も、やってくる人も、去っていく人も。人だけじゃなく、思想も、感情も、それぞれのドラマも、ずっと多様に私には見える。歳月と共に可視化されたのか、私が世界をそう見ているだけか。いずれにせよこの多様さをいっそう凝視したい。嘘も真実も文字も人も物体も音も光も闇もすべてが同時に併置される、より鮮明に。

この記事の画像(全9件)

範宙遊泳「うまれてないからまだしねない」

2019年1月31日(木)~2月3日(日)
東京都 本多劇場

作・演出:山本卓卓
音楽:千葉広樹
アートディレクター:たかくらかずき
出演:熊川ふみ埜本幸良福原冠 / 稲継美保野口卓磨松本亮山崎皓司山田由梨油井文寧 / 銀粉蝶

全文を表示

関連記事

範宙遊泳のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 範宙遊泳 / 山本卓卓 / 銀粉蝶 / 稲継美保 / 野口卓磨 / 松本亮 / 山崎皓司 / 山田由梨 / 油井文寧 / 熊川ふみ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします