木ノ下歌舞伎「勧進帳」パリで開幕

131

木ノ下歌舞伎「勧進帳」が、昨日11月1日にフランス・パリのポンピドゥ・センターにて開幕した。

木ノ下歌舞伎「勧進帳」ジャポニスム2018-現代演劇シリーズ-より。(Photo:Yusuke KINAKA)

木ノ下歌舞伎「勧進帳」ジャポニスム2018-現代演劇シリーズ-より。(Photo:Yusuke KINAKA)

大きなサイズで見る(全10件)

本作は、7月から来年2019年2月までフランスで開催中の「ジャポニスム2018:響きあう魂」の公式企画として、パリのポンピドゥ・センターで上演されるもの。

木ノ下歌舞伎「勧進帳」は、歌舞伎の人気演目の1つである「勧進帳」をもとに、木ノ下裕一が監修・補綴、杉原邦生が演出・美術を手がけた作品で、10年に杉原の演出で上演され、16年にリクリエーション版として再上演、今年18年にも上演された。主宰の木ノ下は、その成果に対して16年度の文化庁芸術祭で新人賞を受賞するなど、高い評価を得ている。公演は11月3日まで。

この記事の画像(全10件)

木ノ下歌舞伎「勧進帳」ジャポニスム2018-現代演劇シリーズ-

2018年11月1日(木)~3日(土・祝)
フランス ポンピドゥ・センター

監修・補綴:木ノ下裕一
演出・美術:杉原邦生
音楽:Taichi Master
振付:木皮成
出演:リー5世坂口涼太郎、高山のえみ、岡野康弘亀島一徳重岡漠大柿友哉

全文を表示

関連記事

木ノ下歌舞伎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 木ノ下歌舞伎 / 杉原邦生 / 木ノ下裕一 / 木皮成 / リー5世 / 坂口涼太郎 / 岡野康弘 / 亀島一徳 / 重岡漠 / 大柿友哉 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします