ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

和田雅成&七木奏音が“なごみ系”のシーンを再現「はたらく細胞」ビジュアル撮影

2816

「体内活劇『はたらく細胞』」ビジュアル撮影の様子。左から和田雅成扮する白血球(好中球)、七木奏音扮する赤血球。

「体内活劇『はたらく細胞』」ビジュアル撮影の様子。左から和田雅成扮する白血球(好中球)、七木奏音扮する赤血球。

11月に上演される「体内活劇『はたらく細胞』」のビジュアル撮影が、8月中旬に東京都内のスタジオで行われた。

「はたらく細胞」は白血球、赤血球、血小板などの細胞を擬人化した清水茜のマンガ。舞台版では、脚本を川尻恵太、演出をきだつよしが担当する。ビジュアル撮影には白血球(好中球)役の和田雅成、赤血球役の七木奏音が参加した。和田は原作の通り、体内に侵入した雑菌を駆除するために戦闘用ナイフを構える白血球を鋭い目付きで表現。一方の七木は、ダンボールで酸素を運搬する赤血球のキュートな笑顔や、赤血球が迷子になって焦る姿を再現し、カメラの前で次々とポーズを決める。また2人がお茶を飲みながら、まったり休憩する姿も収められ、撮影は終始和やかな雰囲気で進行した。

撮影後の取材には和田と七木が参加。和田は「撮影は今日で2回目ですが、前回の第1弾ビジュアルが公開されたときの反響がすごく大きくてありがたいです。今回はキャラクターによりなじんだ実感があって、写真の出来もいいと思います」と手応えを述べる。七木は「お茶を飲む場面や(赤血球が)白血球さんを台車で轢いちゃうシーンなど、“なごみ系”のカットも楽しく撮らせていただきました」と振り返り、続けて「和田さんは白血球さんの“レセプター”がすごく似合っています!」と告げると、和田は「それはうれしくない(笑)!」と笑顔でツッコミを入れ、スタジオを笑いで包んだ。

細胞という役どころについて和田は「まさか自分が白血球役をやるとは思わなかったです(笑)。人間の体内で働いている細胞たちの物語ということもあり、最近はより一層自分の体を大事にするようになりました。1番の健康管理法は“野菜をたくさん食べること”ですね」と話し、原作に登場する熱中症のエピソードに触れると、「マンガを読んで、体の中に水分が届くことが本当に大切だと教わったので、今まで以上にこまめに水分を摂るようになりました」と続けた。七木もこれに同調し、「夏場は特に水分と塩分が大事ですよね。お水だけじゃなく塩飴で塩分も摂るようにしています」と自身の夏バテ防止法を明かした。

七木は今回のオファー時を回想し「最初は細胞のお話ってどういうことだろう?と思いましたが、『はたらく細胞』というタイトルを知って、面白そう!となりました。なかなかない役を演じられるので楽しみです」と述べ、「赤血球は作中でとにかく道に迷っているのですが、私も小さい頃はよく迷子になっていたので、気持ちがよくわかります。迷子の経験を作品に役立てたいですね(笑)」と発言し、場を和ませる。和田は役作りについて「原作の中にあるヒントを借りつつ、自分なりの思いも入れながら白血球役を成立させていきたいです」と意気込んだ。

舞台版の特色について和田は「客席を体内に見立てて、お客様も参加できる舞台になりそうです。僕はなるべくお客様と同じ世界を生きたいと思っていて、『はたらく細胞』はそれがわかりやすくできるんじゃないかなと思います」と語る。七木は「みんなで健康になって自分の体を大切にしていただけるような舞台にできたらと思います」と目標を掲げた。

最後に和田は「“人間の体内で白血球がウイルスを倒す”という、シンプルかつ身近なお話だから、原作を知らない方にも楽しんでいただけると思います。僕らは作品の世界に連れて行くことが役目なので、劇場という体内で一緒に戦っていただけたらうれしいです」と観客にメッセージを送った。

公演は11月16日から25日まで東京・シアター1010にて。チケットのプレイガイド先行は9月24日まで受け付けられ、一般販売は10月13日10:00に開始される。

「体内活劇『はたらく細胞』」

2018年11月16日(金)~25日(日)
東京都 シアター1010

原作:清水茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)
脚本:川尻恵太
演出:きだつよし

キャスト

白血球(好中球):和田雅成
赤血球:七木奏音

キラーT細胞:君沢ユウキ
一般細胞:山田ジェームス武
ヘルパーT細胞:戸谷公人
NK細胞:茉莉邑薫
ナイーブT細胞:太田将熙

マクロファージ:平田裕香
制御性T細胞:甲斐千尋
樹状細胞:川隅美慎
B細胞:正木郁
血小板:岸田結光、森田恵、木内彩音

アンサンブル:阿瀬川健太 / 松本城太郎、菅野慶太、福田圭祐、来夢、高久健太、高橋凌、網代将悟、栗本佳那子、松田祐里佳、田中里奈、柿の葉なら

化膿レンサ球菌:増田裕生
インフルエンザウイルス感染細胞:高木俊
肺炎球菌:馬場良馬
黄色ブドウ球菌:富田翔

※高久健太、高木俊の「高」ははしご高が正式表記。

(c)清水茜/講談社・体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト 2018

ステージナタリーをフォロー