ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

会場全体が“体内”に!和田雅成、富田翔のアドリブが「自由すぎて困る」

7458

「体内活劇『はたらく細胞』」ゲネプロより、左から富田翔演じる黄色ブドウ球菌、和田雅成演じる白血球(好中球)。

「体内活劇『はたらく細胞』」ゲネプロより、左から富田翔演じる黄色ブドウ球菌、和田雅成演じる白血球(好中球)。

「体内活劇『はたらく細胞』」が本日11月16日に東京・シアター1010で開幕。これに先駆け、同日ゲネプロと囲み取材が行われた。

「はたらく細胞」は、白血球、赤血球、血小板などの細胞を擬人化した清水茜のマンガ。脚本を川尻恵太、演出をきだつよしが手がける舞台版には、白血球(好中球)役の和田雅成、赤血球役の七木奏音らが出演する。

開場中や前説の段階から、楽しい仕掛けが盛りだくさんな本作。舞台冒頭から免疫細胞とウイルスによるアクションシーンが展開し、和田扮する白血球はダガーナイフを手に、次々とウイルスを駆除する。また七木扮する新米の赤血球は、体内で迷子になりながらも、仲間たちの助けを借りながら次第に逞しくなっていく。

白血球や赤血球のほかにも、作中には個性豊かなキャラクターが多数登場。司令官であるヘルパーT細胞(戸谷公人)の命を受け、ウイルスを退治する武闘派なキラーT細胞(君沢ユウキ)や、抗原と遭遇したことがないため、いつも弱腰なナイーブT細胞(太田将熙)、自身がごく普通な細胞であることに少々自嘲気味な一般細胞(山田ジェームス武)、サーベルを用いてウイルスと戦う好戦的なNK細胞(茉莉邑薫)、かわいらしい風貌でありながら、ウイルスに対しては躊躇なく刃を向けるマクロファージ(平田裕香)ら、ユニークな細胞たちにも注目だ。また岸田結光、森田恵、木内彩音扮する血小板が奮闘する場面では、客席から「かわいいー!」と声が上がった。

一方で、化膿レンサ球菌(増田裕生)、インフルエンザウイルス感染細胞(高木俊)、肺炎球菌(馬場良馬)、黄色ブドウ球菌(富田翔)の再現度の高いコスチュームも見どころの1つ。富田率いるウイルス役のキャストは、巧みな話術を駆使して、観客と交流しながら会場を大いに盛り上げた。

ゲネプロ前に行われた囲み取材には、白血球役の和田、赤血球役の七木、キラーT細胞役の君沢、肺炎球菌役の馬場が出席。初めの挨拶で、馬場が自身の出演作「特命戦隊ゴーバスターズ」に触れつつ、「以前ヒーローをやっていた経験があるので、その知識を存分に生かし、肺炎球菌という噛ませ犬としてがんばっていきたいと思います!」と意気込みを語ると、和田が「このウイルスはすぐ殺します」とツッコみ、報道陣の笑いを誘う。

そんな和田は、自身が演じる白血球の特徴について「ウイルスを見付けたときはすごい形相になりますけど、ちょっと天然なところもあるんですよね」と答え、「僕はそこが白血球のかわいさだと思うので、僕自身のかわいらしさとマッチすればいいなと思っています。……って誰かツッコめよ!(笑)」とノリツッコミを披露した。

また個性的なコスチュームの印象を問われた和田は「『白いなー』って思いました(笑)。あと、原作ファンの方々は特に気になっていると思うんですけど、レセプターもしっかりおっ立ってます」と、白血球がウイルスを発見したときに反応を示す、帽子に付いたレセプターを立ててみせる。続く七木は「私も『赤いなあ』って……(笑)。赤血球さんのチャームポイントのアホ毛もしっかり角度が保たれていて、『好きだなあ』って思いました!」とニコリ。さらに君沢も「僕も『黒いな』って(笑)」と乗っかりつつ、「特殊部隊っぽい衣装で、男の子としてはテンションが上がりますね。筋肉もちゃんと鍛えてきました!」とアピールした。

囲み取材の出席者の中で、唯一のウイルス役である馬場が「ウイルスチームの衣装は、この作品の中で最もお金がかかっているんです。だからそのぶん、お芝居で還元していけたらなと。我々はそういうモチベーションでがんばっています。あとは演じる人間の腕次第です」と明かすと、和田はすかさず「好感度上げて来たな!」とツッコミを入れた。

稽古中の印象深い出来事について尋ねられた和田は「富田翔さんっていう役者がいまして……。その方が自由にやりすぎて困ってます」と、黄色ブドウ球菌役を演じる富田が繰り出すアドリブに、笑いを堪えるのが大変だったと述懐。君沢は、血小板役を演じる3人の名前を挙げて「最初はみんな緊張してたんですけど、途中から一緒に腹筋しだしたりして」とほっこりエピソードを語ると共に、「こっそり『誰が好きなの?』って聞いたら、7歳の女の子はマーシー(和田)が好きだって!(笑)」と裏話を明かす。これを受けた和田は「あざーっす! やった!」とガッツポーズ。同じく七木も子役の3人にメロメロの様子で、「血小板ちゃんの3人が稽古場にいるだけで幸せでした。3人にはとにかく癒やされてます」と頬を緩ませた。

最後に馬場は「皆さん、一緒に白血球を倒しに行きましょう!(笑)」と観客に呼びかけ、君沢は「将来、子供たちが『こんな演劇がやりたい』と思ってくれるような舞台にしたい」とコメント。そして七木は「楽しめるのはもちろん、とにかくお勉強になるお話。この作品を観て、皆さんに元気になってもらって、長生きしてくれたらいいな(笑)」と微笑み、和田は「『楽しく学べる』がこの作品における、僕自身のテーマです。演出も脚本もわかりやすくしていただいたので、僕たちはそれを体現して、お客様と一緒に楽しんで学んでいけたら」と思いを語った。

上演時間は約2時間。公演は11月25日まで行われ、25日の千秋楽公演はGYAO!ストアにてライブ配信される。また、本作のBlu-ray / DVDが来年2019年3月27日に発売されることも決定した。

「体内活劇『はたらく細胞』」

2018年11月16日(金)~25日(日)
東京都 シアター1010

原作:清水茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)
脚本:川尻恵太
演出:きだつよし

キャスト

白血球(好中球):和田雅成
赤血球:七木奏音

キラーT細胞:君沢ユウキ
一般細胞:山田ジェームス武
ヘルパーT細胞:戸谷公人
NK細胞:茉莉邑薫
ナイーブT細胞:太田将熙

マクロファージ:平田裕香
制御性T細胞:甲斐千尋
樹状細胞:川隅美慎
B細胞:正木郁
血小板:岸田結光、森田恵、木内彩音

アンサンブル:阿瀬川健太 / 松本城太郎、菅野慶太、福田圭祐、来夢、高久健太、高橋凌、網代将悟、栗本佳那子、松田祐里佳、田中里奈、柿の葉なら

化膿レンサ球菌:増田裕生
インフルエンザウイルス感染細胞:高木俊
肺炎球菌:馬場良馬
黄色ブドウ球菌:富田翔

※高久健太、高木俊の「高」ははしご高が正式表記。

(c)清水茜/講談社・体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト 2018

ステージナタリーをフォロー