ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

体内活劇「はたらく細胞」キラーT細胞役の君沢ユウキら全キャスト解禁

2953

11月に上演される「体内活劇『はたらく細胞』」の全キャストと配役が発表された。

出演が決定したのは、キラーT細胞役の君沢ユウキ、一般細胞役の山田ジェームス武、ヘルパーT細胞役の戸谷公人、NK細胞役の茉莉邑薫、ナイーブT細胞役の太田将熙。マクロファージ役を平田裕香、制御性T細胞役を甲斐千尋、樹状細胞役を川隅美慎、B細胞役を正木郁、血小板役を岸田結光、森田恵、木内彩音が演じるほか、化膿レンサ球菌役に増田裕生、インフルエンザウイルス感染細胞役に高木俊、肺炎球菌役に馬場良馬、黄色ブドウ球菌役に富田翔がキャスティングされた。

「はたらく細胞」は、白血球、赤血球、血小板などの細胞を擬人化した清水茜のマンガ。脚本を川尻恵太、演出をきだつよしが手がける舞台版には、上記のキャストのほか、白血球(好中球)役の和田雅成、赤血球役の七木奏音が出演する。公演は11月16日から25日まで東京・シアター1010にて。チケットの最速先行販売は本日8月8日から19日23:59まで受け付けられ、一般販売は10月13日10:00に開始される。

「体内活劇『はたらく細胞』」

2018年11月16日(金)~25日(日)
東京都 シアター1010

原作:清水茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)
脚本:川尻恵太
演出:きだつよし

キャスト

白血球(好中球):和田雅成
赤血球:七木奏音

キラーT細胞:君沢ユウキ
一般細胞:山田ジェームス武
ヘルパーT細胞:戸谷公人
NK細胞:茉莉邑薫
ナイーブT細胞:太田将熙

マクロファージ:平田裕香
制御性T細胞:甲斐千尋
樹状細胞:川隅美慎
B細胞:正木郁
血小板:岸田結光、森田恵、木内彩音

化膿レンサ球菌:増田裕生
インフルエンザウイルス感染細胞:高木俊
肺炎球菌:馬場良馬
黄色ブドウ球菌:富田翔

※高木俊の「高」ははしご高が正式表記。

(c)清水茜/講談社・体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト 2018

ステージナタリーをフォロー