ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

劇団た組。「心臓が濡れる」に尾上寛之・佐戸井けん太ら、yahyelが楽曲提供

86

北乃きい柄本時生が主演する劇団た組。「心臓が濡れる」の全キャストが発表された。

出演が明らかになったのは尾上寛之森田涼花、望月龍平、秋元龍太朗早乙女じょうじ江端英久、鳥谷宏之、佐戸井けん太の8名。また本作にバンド・yahyelが楽曲を提供することもわかった。yahyelボーカルの池貝峻は「どこか日常が崩壊すればいいのにと思っている節があるような、独特の視点に同世代を感じました。閉塞は嘘じゃないと、別の分野の作り手が示してくれるのは僕らもうれしいです。何かと、目を背ける時代に、タフな誠実さをもって一緒にやっていきたいと思いました」とコメントしている。

公演は7月5日から16日まで東京・すみだパークスタジオ倉にて。チケットは先行抽選販売が4月18日から25日まで、先行先着販売が5月7日10:00から15日23:59まで受け付けられ、一般販売は5月23日に開始する。

尾上寛之コメント

ぼんやりしてると全てが一瞬で通り過ぎてしまう。忘れてしまう。生きてきた事、生きている事、生きてゆく事、すべての瞬間をもっと大切にしなければ。心に刻まなければと。加藤さんの思いを皆様の胸に刻み込むべく、全力で挑戦します。

森田涼花コメント

本を読ませて頂き、普通の生活ができることがどんなに恵まれてるのかとこの本を読んでとても思いました。過酷な環境で話が進んでいく物語にどうやって舞台になっていくのかが想像がつかなくとても楽しみです。

望月龍平コメント

加藤さんの話って、ワリと不条理なんですよ。で、僕不条理劇大っ嫌いなんですよ。だけど、加藤くんの描く不条理には、人間の滑稽さと、愛らしさがあるから結構好き。観た後に不快感で終わらないから。それはお芝居でとても重要なことだと僕は思う。

秋元龍太朗コメント

得体の知れないものに飲み込まれていくような感覚でした。温かいし、怖かったし、胸が痛かったです。加藤さんの生みだす世界に没入できることに、純粋にワクワクしました。見たことないものが創られていくんだろうなぁと思います。この脚本が体現されていくことが、今から非常に楽しみです。

早乙女じょうじコメント

まず「心臓が濡れる」というタイトルに惹かれ、台本を読み自分の期待と想像越えた内容で、言い方変えたら裏切られた内容だったという最初の印象でした。このキャスト陣で稽古をして行く中で自分の役がどう生きていくのかが、楽しみで仕方がありません。

江端英久コメント

この脚本を初めて読んだ時「うわー、この話どうなってしまうのだろう」と、のめり込んでしまいました。さりげないセリフのやりとりの中にそれぞれの想いや関係性が込められていて、「えーそうなんだ!」「うわ、そうなるか!」、最後は「あー!」となって。なんかいい年をしてまともな説明になっておらずお恥ずかしい限りですが、とても惹きつけられる脚本でした。今から稽古と本番が楽しみです。精一杯やらせて頂きます。

鳥谷宏之コメント

人間の本心をえぐるこの作品。劇的な状況に放り込まれた人間の生々しさ。現代日本人のリアルが剥き出しに描かれている作品だと感じました。若き才能の持ち主が見た世界を、どのようにお客様へ届けるのかが楽しみです。今このタイミングで、これからの演劇界を担うであろう方の作品に携われることを非常に嬉しく思います。楽しみで仕方ありません。

佐戸井けん太コメント

あり得る話なのだ。今、この瞬間に起こってもおかしくない話なのだ。しかし、この戲曲はあり得る話なのだろうか? こんな展開があり得るのだろうか? とんでもない話だ。文字を追っているだけではこれがシリアスなのか、コメディなのか、ホラーなのか、ラブストーリーなのか判らない。突然の座標軸の変更なのだ。答えは稽古場で得られる……のだろうか?

劇団た組。 第16回目公演「心臓が濡れる」

2018年7月5日(木)~16日(月・祝)
東京都 すみだパークスタジオ倉

作・演出:加藤拓也
楽曲提供:yahyel
出演:北乃きい柄本時生 / 尾上寛之 / 森田涼花、望月龍平、秋元龍太朗早乙女じょうじ江端英久、鳥谷宏之 / 佐戸井けん太

ステージナタリーをフォロー