ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「少女革命ウテナ」吉谷光太郎演出でミュージカル化!スーパーバイザーに幾原邦彦

4592

アニメ「少女革命ウテナ」のミュージカル化が決定。ミュージカル「少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~」のタイトルで、2018年3月8日から18日にかけて上演される。

1997年に放送された「少女革命ウテナ」は、男装の少女・天上ウテナが“薔薇の花嫁”と呼ばれる少女・姫宮アンシーと出会ったことにより、“世界を革命する力”を手に入れるために戦う姿を描いた物語。テレビアニメ版の放送20周年を記念して制作されるミュージカル版では、アニメ版を手がけた幾原邦彦がスーパーバイザーを務め、舞台「男水!」やミュージカル「ヘタリア」シリーズなどで知られる吉谷光太郎が脚本・演出を担当する。

ミュージカル版で描かれるのは、ウテナが桐生冬芽や西園寺莢一ら生徒会メンバーと“薔薇の花嫁”を奪い合う決闘の場面だ。出演者や公演詳細については続報を待とう。

ミュージカル「少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~」

2018年3月8日(木)~18日(日)

原作:ビーパパス
スーパーバイザー:幾原邦彦
脚本・演出:吉谷光太郎

(c)ミュージカル「少女革命ウテナ」製作委員会 (c)ビーパパス・さいとうちほ/小学館・少革委員会・テレビ東京

ステージナタリーをフォロー