ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台版「池袋ウエストゲートパーク」に染谷俊之&DISH//矢部昌暉

2916

12月から2018年1月にかけて上演される「池袋ウエストゲートパーク Song and Dance」に染谷俊之、ダンスロックバンド・DISH//矢部昌暉が出演することが明らかになった。

染谷が演じるのは、G-Boysのキングことタカシ。一方の矢部はレッドエンジェルスのリーダー・京一を演じる。出演決定にあたって染谷は「僕自身IWGPの世代で、周りの友達の中でもすごく流行っていて、まさかその作品に自分が携わらせてもらえるとは思っていなかったのでとても嬉しいです」と喜びを語り、矢部は「共演者のみなさんと力を合わせて素敵な作品に作り上げたいと思います」と意欲を見せた。

昨年2016年の年末に行われた出演者オーディションで選出された2人。演出を務める杉原邦生は染谷について、「彼にしかない独特なオーラと存在感があり、オーディションでは、素直でまっすぐなその姿に心を打たれた。彼となら一緒にこの舞台化という挑戦ができると確信した」と語り、矢部については「オーディション会場に入ってきた瞬間から、目が引き付けられ、京一をやって欲しいと直感した。実際に芝居も歌も踊りも説得力があり、彼にしかできない京一が見られると思う」とコメントした。

演出を杉原、脚本・作詞を柴幸男、振付を北尾亘が手がけ、主人公・マコト(真島誠)役を大野拓朗が演じる本作は、石田衣良の小説「池袋ウエストゲートパーク」が原作。物語の題材となるのは、池袋のストリートギャングの闘いを描く“サンシャイン通り内戦(シヴィルウォー)”だ。また本作では、ダンスバトルシーンに出演するストリートダンサーを引き続き募集中。応募締め切りは9月末日。

公演は12月23日から28日、2018年1月4日から14日まで、東京・東京芸術劇場 シアターウエスト、1月19日から21日まで兵庫・兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールにて行われる。

染谷俊之コメント

僕自身IWGPの世代で、周りの友達の中でもすごく流行っていて、まさかその作品に自分が携わらせてもらえるとは思っていなかったのでとても嬉しいです。G-boysのキングという社会的影響も与えたぐらいの役を演じるというのは、プレッシャーも感じていますが、早く本番を迎えたいという楽しみな思いもあります。皆さんの心にずっと残るような作品にしたいと思います。

矢部昌暉コメント

元々ドラマがすごく好きで観ていました。IWGPにハマって原作も読んで、今回出演できることがすごく嬉しいです。共演者のみなさんと力を合わせて素敵な作品に作り上げたいと思います。

「池袋ウエストゲートパーク Song and Dance」

2017年12月23日(土・祝)~28日(木)
2018年1月4日(木)~14日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

2018年1月19日(金)~21日(日)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

原作:石田衣良
脚本・作詞:柴幸男
演出:杉原邦生
振付:北尾亘
出演:大野拓朗染谷俊之矢部昌暉DISH//

ステージナタリーをフォロー