ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

柄本時生&篠山輝信が少年に、ドイツ発の冒険譚「チック」が日本初演

46

「チック」の出演者。左から柄本時生、篠山輝信、土井ケイト、あめくみちこ、大鷹明良。

「チック」の出演者。左から柄本時生、篠山輝信、土井ケイト、あめくみちこ、大鷹明良。

「チック」が、8月13日から27日まで東京・シアタートラムにて上演される。

日本初上陸となる本作は、少年2人のひと夏の冒険を描いた、ドイツの作家ヴォルフガング・ヘルンドルフによる児童文学作品が原作。2011年にドイツで初演されたのち、2016年には映画版が制作され、今年2017年9月には日本での公開を控えている。日本初演版の翻訳・演出を務めるのは、ドイツ出身の小山ゆうな。またロシア移民の転校生・チック役を柄本時生が、ドイツの少年・マイク役を篠山輝信がそれぞれ演じる。

このほか出演には、「ダニーと紺碧の海」の土井ケイト、「春のめざめ」に出演中のあめくみちこ大鷹明良といった面々が揃った。9月5・6日には兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールでも上演。チケットは東京・兵庫公演ともに6月4日に発売される。

「チック」

2017年8月13日(日)~27日(日)
東京都 シアタートラム

2017年9月5日(火)・6日(水)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

原作:ヴォルフガング・ヘルンドルフ
作:ロベルト・コアル
翻訳・演出:小山ゆうな
出演:柄本時生篠山輝信土井ケイトあめくみちこ大鷹明良

ステージナタリーをフォロー