ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

御芍神紫は佐々木喜英!荒牧慶彦主演、舞台「K」第4弾は劇場版がモチーフ

2080

「舞台『K -MISSING KINGS-』」が、10月19日から22日まで京都・京都劇場、10月27日から29日まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演されることがわかった。

「舞台『K』」シリーズの第4弾となる本作は、2014年7月に公開された映画「劇場版 K MISSING KINGS」が原作。白銀のクランズマン・夜刀神狗朗(クロ)が、ネコとともに主であるシロの行方を探す、テレビアニメ第1期後の物語が描かれる。主人公・夜刀神狗朗役に荒牧慶彦、彼の宿敵となる御芍神紫役には佐々木喜英がキャスティングされ、脚本・演出を末満健一が担当。このほか公演詳細については続報を待とう。

「舞台『K -MISSING KINGS-』」

2017年10月19日(木)~22日(日)
京都府 京都劇場

2017年10月27日(金)~29日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

原作:GoRA×GoHands「劇場版 K MISSING KINGS」
脚本・演出:末満健一

出演

夜刀神狗朗:荒牧慶彦
御芍神紫:佐々木喜英
ほか

(c)GoRA・GoHands/k-project (c)GoRA・GoHands/stage k-project

ステージナタリーをフォロー