ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台「K」東京公演に向け荒牧慶彦が意気込み、佐々木喜英は声のみの出演

4334

「舞台『K -MISSING KINGS-』」京都公演より。

「舞台『K -MISSING KINGS-』」京都公演より。

「舞台『K -MISSING KINGS-』」の東京公演が、10月26日に東京・天王洲 銀河劇場で開幕する。

末満健一が脚本・演出を手がける本作は、「舞台『K』」シリーズの第4弾。2014年7月に公開された映画「劇場版 K MISSING KINGS」を原作としたストーリーが展開し、テレビアニメ第1期後のエピソードが描かれる。

上演にあたって夜刀神狗朗役の荒牧慶彦は「4年前からここまで続いてきた舞台『K』という作品で、今回は僕が座長を務めるということで、本当に本当にいろんな想い、そして“絆”を感じつつ、プレッシャーも感じながら背負っています。そんな舞台『K -MISSING KINGS-』、たくさんの方々に観てほしいなと思っております」と思いを語った。

また10月19日から22日にかけて行われた京都公演にて、御芍神紫役の佐々木喜英が上演中に負傷。これを受けて、殺陣指導の守時悟がボディダブルとして出演し、佐々木は声のみの出演となることが明らかになった。チケットの払い戻しについては公式サイトにて確認を。

東京公演は10月29日まで行われ、千秋楽にはライブビューイングも実施。なお本公演のBlu-ray / DVDは、2018年3月14日に発売される。

荒牧慶彦コメント

今回で4作目となる舞台「K」シリーズ、俺が植ちゃん(植田圭輔)に出会って、演出の末満さんに出会って、そしていろんな人に初めて出会ったのがこの作品です。
4年前からここまで続いてきた舞台「K」という作品で、今回は僕が座長を務めるということで、本当に本当にいろんな想い、そして“絆”を感じつつ、プレッシャーも感じながら背負っています。
そんな舞台「K -MISSING KINGS-」、たくさんの方々に観てほしいなと思っております。

「舞台『K -MISSING KINGS-』」

2017年10月19日(木)~22日(日)※公演終了
京都府 京都劇場

2017年10月26日(木)~29日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

原作:GoRA×GoHands「劇場版 K MISSING KINGS
脚本・演出:末満健一

キャスト

夜刀神狗朗:荒牧慶彦
ネコ:柴小聖

周防尊:上田堪大
櫛名アンナ:礒部花凜
草薙出雲:寿里
八田美咲:植田圭輔
十束多々良:前山剛久
鎌本力夫:中尾拳也

宗像礼司:小野健斗
淡島世理:茉莉邑薫
伏見猿比古:木戸邑弥

伊佐那社:大崎捺希
雪染菊理:小山百代

御芍神紫:佐々木喜英

アンサンブル:日南田顕久、吉田邑樹、村上渉綾切拓也、栫良太、新澤典将、高士幸也、増田智彦

(c)GoRA・GoHands/k-project (c)GoRA・GoHands/stage k-project

ステージナタリーをフォロー