音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

さくら学院、新曲にイナズマ戦隊上中&パッパラー河合参加

206

さくら学院が10月9日にリリースする新曲「顔笑れ!!」の新ビジュアルが公開。さらに「顔笑れ!!」の作家陣も明らかになった。

「顔笑れ!!」は2013年度のさくら学院新体制第1弾シングル。新生徒会長に就任した堀内まり菜を筆頭に、転入生の白井沙樹、山出愛子を加えた新たなさくら学院としてリリースする初の新曲になっている。

今回公開された新ビジュアルは、生徒が電車の中で微笑みながらガッツポーズをするという「顔笑れ!!」のタイトルにちなんだもの。写真中央の中等部3年、堀内、飯田來麗、杉崎寧々、佐藤日向の4名を囲むようにほかの生徒が配置され、それぞれ笑顔を見せている。

また「顔笑れ!!」の作家陣も発表された。「顔笑れ!!」は作詞をTHE イナズマ戦隊の上中丈弥(Vo)、作曲をパッパラー河合(G)が担当しており、疾走感あふれるロックナンバーに仕上げられている。この楽曲を手がけた感想を上中は「笑顔が作る不思議な力で、サラリーマン、OLさん、お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん、学生諸君、日本国民すべての背中を支えられたらと思いまして書きました。毎日させられなくても、せめて週の始まりの月曜日くらいは支えたいです! 笑顔で」とコメント。またパッパラー河合は「『ガンバレ』は誰でも簡単に発する言葉。だが、さくら学院の『ガンバレ』には育ちのよさ、そして魔力が宿っている。高貴なお嬢様に『がんばってくださいませ』と言われる感覚。で、燃えた。夜中に1人でギターを録音してて、燃えた。オレは今、お嬢様のためにギターを弾いてるゥ! うおおォォ~! さくら学院に『顔笑れ!!』と言われてがんばらない人間はいないのだ。まあ。お嬢様ってのは魔物ってコトです」とこの楽曲に込めた熱い思いを語った。

さらにさくら学院校長の倉本美津留は「『がんばれ』はプレッシャーをかける言葉だからあまりよくないとされ気味の昨今。だけど、本当にそうなのだろうか? がんばった向こう側には“しやわせ”があるはず。『がんばれ』はステキな言葉なんだ。さくら学院では『頑張れ!』ではなく『顔笑れ!!』と書くことにした。笑顔に向かって行こう! という最高の応援だ!!」とタイトルの意味について解説している。

なおさくら学院は9月28日に東京・Shibuya O-EASTでワンマンライブを開催。また11月1、2日には東京・品川ステラボールで「さくら学院祭☆2013~前夜祭~」「さくら学院祭☆2013」をそれぞれ開催する。

夜公演ファストパス争奪戦 さくら学院 2013年度 秋学期試験

2013年9月28日(土)東京都 Shibuya O-EAST
OPEN 14:30 / START 15:00

オープニングアクト「秋穫の舞い ~秋のサイエンス・クッキング~」
<出演者>
クッキング部ミニパティ / 科学部 科学究明機構 ロヂカ?

さくら学院 2013 ~白井沙樹、父兄を代表して顔笑ります!!~

2013年9月28日(土)東京都 Shibuya O-EAST
OPEN 18:00 / START 18:30

さくら学院祭☆2013~前夜祭~

2013年11月1日(金)東京都 品川ステラボール
OPEN 17:15 / START 18:00

さくら学院祭☆2013

2013年11月2日(土)東京都 品川ステラボール
1部 OPEN 12:45 / START 13:30 2部 OPEN 16:45 / START 17:30

音楽ナタリーをフォロー