音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

うたの“miwaクロ”まつり!? FNSリハ現場で豪華コラボ練習

991

明日7月31日(水)18:55から生放送されるフジテレビ系「FNSうたの夏まつり」。この番組の前日リハーサルが、本日30日に生放送会場である東京・代々木競技場第一体育館にて行われた。

本日のリハは朝9:30から約12時間にわたって行われ、現場には山下智久華原朋美JUJU、D-LITE(BIGBANG)、アリス、EXILEWaT押尾コータロー真心ブラザーズmiwa和田アキ子、横山剣(クレイジーケンバンド)、MIYAVI、浅倉大介、ももいろクローバーZ加藤ミリヤ清水翔太きゃりーぱみゅぱみゅなどが登場。それぞれ入念なサウンドチェックや歌い合わせをして本番への準備を整えた。

19:30頃には、miwaとももいろクローバーZによるコラボユニット・miwaクロのリハーサルが実施された。その後2組はナタリーの取材に応じ、miwaクロのパフォーマンスについて「miwaクロだけは力の入れようが違うよね! 緊張するけれども落ち着いてられる」(百田夏菜子)、「今までいろんなところでやってきたからこそ堂々とできるよね。自分たちの色が出せるような気がする」(miwa)と口にする。

番組中、miwaは4曲、ももクロは6曲のステージに参加する予定で、10曲という曲数は全体の約8分の1にあたる。それを受けて玉井詩織は「もはや今回のFNSをまとめて言うなら『miwaクロのFNS』! 2組あわせて10曲なんですよね。これはもう『miwaクロのFNS』と言ってもいいんじゃないですかね」と発言。その後6人は「『miwaクロ歌謡祭』! 『うたのmiwaクロまつり』!」とハイテンションで盛り上がっていた。

なお本番では、約4時間にわたって60組以上の豪華アーティストたちが82曲を披露。トークはほぼ挟まず、ステージでのパフォーマンスで構成される。中には、夏の名曲を立て続けに披露するパートや、アニメソングばかりのブロックもあり、趣向を凝らした楽曲と意外なアーティスト同士のコラボが次から次へと楽しめる。加えて、事前にアナウンスされていないシークレットゲストの登場があったり、出演者たちが見守るロイヤルボックスからステージまで続く花道を使ってパフォーマンスを行うアーティストがいたりと、驚きの演出も用意されている。

82曲の内容は、槇原敬之×Kis-My-Ft2による「どんなときも。」、シャ乱Q×玉置浩二×武田真治による「ズルい女」、徳永英明×ゆずによる「夏色」、アリス×テゴマスによる「冬の稲妻」、華原朋美×浅倉大介による「keep yourself alive」など、往年の名曲を新鮮な組み合わせで再現するものが多数。初の試みとしてSMAPのメンバーもコラボに参加し、木村拓哉が斉藤和義と、稲垣吾郎が大橋トリオと、香取慎吾がナオト・インティライミとそれぞれデュエットする。

フジテレビ系「FNSうたの夏まつり」

2013年7月31日(水)18:55~23:08
<出演者>
アリス / 安全地帯/玉置浩二 / E-girls / EXILE / A.B.C-Z / 加藤ミリヤ / 華原朋美 / Kis-My-Ft2 / きゃりーぱみゅぱみゅ / 倖田來未 / 小室哲哉 / さだまさし / 三代目 J Soul Brothers / 清水翔太 / JUJU / 鈴木雅之 / SMAP / Takamiy(高見沢俊彦) / TRF / T.M.Revolution / 徳永英明 / AAA / 中川翔子 / PUFFY / 平原綾香 / 槇原敬之 / 水樹奈々 / miwa / ももいろクローバーZ / キマグレン / ナオト・インティライミ / 西野カナ / 乃木坂46 / BENI / 山下智久 / 和田アキ子 / WaT / ゆず / 相川七瀬 / 石井竜也 / 岩崎良美 / 久宝留理子 / 榊いずみ / GENERATIONS / シャ乱Q / D-LITE / テゴマス / 氷川きよし / 真心ブラザーズ / 宮沢和史(THE BOOM) / モーニング娘。 / 森高千里 / 山下久美子 / 横山剣 / 浜崎あゆみ / 斉藤和義 / 大橋トリオ / スキマスイッチ / Sexy Zone / 浜田麻里 / and more
演奏:武部聡志音楽団
ゲストミュージシャン:浅倉大介 / 上妻宏光 / 沖仁 / 押尾コータロー / 清塚信也 / 桑野信義 / 宅間久善 / 津野米咲(赤い公園) / マーティ・フリードマン / MIYAVI / 宮本笑里 / and more
司会:草なぎ剛 / 加藤綾子(フジテレビアナウンサー)

※記事初出時、シャ乱Q×玉置浩二×武田真治の演奏曲を「シングルベッド」と記載しておりましたが、正しくは「ズルい女」でした。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー