音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46×HKT48、面白さを競って冠番組バトル勃発

326

日本テレビの新番組「乃木坂46×HKT48 冠番組バトル!」が7月2日(火)深夜からスタートすることが決定。これに先がけて、6月18日に都内で制作記者発表が行われた。

この番組は1時間の番組枠内で、乃木坂46の冠番組「NOGIBINGO!(ノギビンゴ)」とHKT48の冠番組「HKT48 トンコツ魔法少女学院」を放送。毎回1人の各界著名人が「面白かった」「グループの将来性を感じた」「一緒に仕事してみたい」など、その人独自の視点で2番組の勝敗を決め、次回オンエアでは勝利したチームの番組が先に放送される。

制作記者発表には乃木坂46の生駒里奈、高山一実、松村沙友理、HKT48の指原莉乃、兒玉遥、田島芽瑠が出席。番組の意気込みを聞かれると、松村は「私は普段は平和主義で、あんまり争いとか好きじゃないんですけど、今回はHKT48さんとの対決なので負けず嫌いなところを出して、乃木坂のメンバーみんなで協力して楽しい番組にしていきたいと思います」、指原は「実は私、1年前のソロデビューのときに乃木坂さんと対決して、売り上げ対決で恐ろしい差で負けてしまいまして。前回は私1人の力では勝てなかったので、今回HKTのメンバー全員で乃木坂さんに勝てるように一生懸命がんばりたいと思います」とそれぞれ宣言した。

また高山は新たな冠番組に対し、「私、町中を変装せずに歩いていてもいまだに誰にもバレなくて、自分がアイドルかわからない状態で生きていて。そんな中レギュラー番組がもう1本増えるということで、私のことをたくさんの人が知ってくれるといいな」とコメント。生駒は「私が一番やりたいのは熱湯風呂なので(笑)、そういうことにもいっぱいチャレンジしていきたい」と、意欲を伺わせた。

相手のグループよりも勝っているところを尋ねられると、指原は「意欲ですね。1本目の収録が終わったあと、いろんなメンバーが(収録中に)しゃべれなくて(悔しくて)泣いて。しゃべれなくて泣くっていうのは、なかなか意欲があるんじゃないかと」と回答。一方の乃木坂46側は、松村が「HKTさんと比べて平均年齢が高いぶん、みんな頭の回転が速いかな。あと、女の魅力やセクシーさ? 松村はセクシー担当なので、松村筆頭にHKTさんにはない乃木坂のいいところを出していけたらいいと思います」と答え、生駒や高山から「セクシーじゃないでしょ。違う違う!」と突っ込まれる一幕もあった。

さらに番組で挑戦してみたいことを質問されると、高山は「私、剣道をやってたんですけど、その経験を今まで発揮したことがなくて。それを使って、『叩いて被ってジャンケンポン』のガチ版をやってみたいです」、松村は「パイ投げをやりたいですね。自分にじゃなくて、ほかのメンバーの顔にバシャーンとやりたい(笑)」と発言。番組で競演してみたい人を聞かれると、兒玉は「腹話術に興味があるので、1回生で観てみたいなって。いっこく堂さんに会ってみたいです」、田島は「私はキンタロー。さんに会ってみたい」とそれぞれ笑顔で答えた。

日本テレビ「乃木坂46×HKT48 冠番組バトル!」

2013年7月2日(火)25:34~26:34(関東ローカル)
※毎週火曜日25:29~26:29放送
※放送時間は都合により変更する場合あり

「NOGIBINGO!(ノギビンゴ)」内容

乃木坂46が、AKB48が「AKBINGO!」でやってきたこととまったく同じことをやったら、国民的アイドルグループになることができるのか?を検証する実験番組。

「HKT48 トンコツ魔法少女学院」内容

指原莉乃が先輩魔法使い、ほかのHKT48メンバーが魔法使い見習いとなり、バラティ企画に全力で挑み成長していく育成型バラエティ番組。あらゆる分野から招く偉大な魔法使い=芸能人ゲストが登場。「トーク」では魔法使い見習いが特別講師に率直な質問をしていく。「特別授業」ではゲストからさまざまな極意を学んでいく。

音楽ナタリーをフォロー