音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

渋谷慶一郎×ルイ・ヴィトンの初音ミクオペラついに東京上陸

490

渋谷慶一郎と演出家の岡田利規(チェルフィッチュ)による新作オペラ「THE END」の東京公演開催が決定。東京・Bunkamuraオーチャードホールで5月23日に1回、24日に2回の計3回上演される。

「THE END」は歌手やオーケストラなどの生身の人間が一切登場せず、代わりにボーカロイドがアリアやレチタティーボを担当するオペラ。昨年12月に山口・山口情報芸術センターYCAMで初演され、斬新なアプローチのオペラとして大きな話題となった。

映像およびキャラクターデザインはamazarashiのビデオクリップなどで知られる映像作家YKBX a.k.a Masaki Yokobe、舞台美術はOMAニューヨーク代表でもある建築家の重松象平が担当。また、渋谷慶一郎とのユニットATAK Dance Hallでも知られるevalaが劇場を包み込むダイナミックなサウンドプログラムとVOCALOID音声プログラムを手がけ、さらにVOCALOIDプログラミングのサポートとしてニコニコ動画で人気のピノキオPが参加している。

作品中で初音ミクが着用する衣装は、ルイ・ヴィトンのアーティスティックディレクターであるマーク・ジェイコブスと彼のスタジオチームが、ルイ・ヴィトン2013年春夏コレクションを初音ミクの体型や雰囲気に合わせてデザインしたオリジナル作品。会場には10.2chサラウンド音響と1万ルーメンを超える高解像度プロジェクター7台が持ち込まれ、「わたしは死ぬの?」と自問するミクの旅が「電子の要塞」のような環境の中で描かれる。

ファミリーマートでは本日3月14日13:00から1週間限定でチケットの先行発売を実施。7500円のS席、5000円のA席、3000円のB席に加え、豪華パンフレットが付いた1万円のプラチナチケットも販売される。

THE END

2013年5月23日(木)東京都 Bunkamuraオーチャードホール
START 19:00
2013年5月24日(金)東京都 Bunkamuraオーチャードホール
START 15:00 / START 19:00

■【渋谷慶一郎・初音ミク】オペラ「THE END」

音楽ナタリーをフォロー