音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

凛として時雨TK、初ソロライブで初恋の嵐カバーも披露

477

8月30日に東京・渋谷公会堂にてライブイベント「Fly like an Eagle」が開催され、ストレイテナー初恋の嵐、TK from 凛として時雨が出演した。

1番手を務めたストレイテナーはアコースティック編成で登場し、アルバム「SOFT」にも収録されている「Toneless Twilight」「SIX DAY WONDER」「シンクロ」を披露。客席をしっとりとした空気で包み込んでいく。そして会場の空気が温まった頃には、ライブの定番曲「KILLER TUNE」「Melodic Storm」をアグレッシブにプレイ。ホリエアツシ(Vo, G)のボーカルが際立つ音数を抑えたアレンジで、各曲の新たな側面を引き出していく。ホリエは「当面はアコースティックは封印します。今度めちゃくちゃやかましい新曲を出します!」と宣言し、この日のステージが“アコースティック編成ストレイテナー”にとって区切りとなることを明かしていた。

続くバンドは昨年9月に復活して以降さまざまなボーカリストを迎えてライブを行っている初恋の嵐。まずは鈴木正敏(Dr)が姿を見せ、続いて隅倉弘至(B)と楽器隊が次々とステージにスタンバイする。バンドメンバーが揃ったところで「こんばんは、初恋の嵐を歌いにきた堂島孝平です」と堂島孝平が登場し、言葉1つひとつを噛み締めるように「罪の意識」を歌い上げ初恋の嵐の世界へと観客を誘う。堂島と入れ替わりでふらりと現れたクボケンジ(メレンゲ)は、鉄壁のバンドサウンドをバックに「Untitled」と「真夏の夜の事」を体を揺らしながら気持ち良さそうに熱唱。続く岩崎慧(セカイイチ)は初恋の嵐の名曲のひとつである「初恋に捧ぐ」を、軽やかにステップを踏みながら歌い、会場に爽快な空気をもたらした。ゲストボーカル最後の菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)は、しっとりした「星空のバラード」とダイナミックなバンドサウンドが全開になる「君の名前を呼べば」を担当。「星空のバラード」では優しいボーカルを聴かせ、ラストを飾る「君の名前を呼べば」では激しく声を張り上げ、歌い手としての幅広さを印象付けた。

TK from 凛として時雨はこの日が初ライブ。会場内にほんのりと緊張感が漂う中バンドメンバーとともにTKが登場すると、一段と大きな拍手が沸く。ベースに日向秀和(ストレイテナー、Nothing's Carved In Stone、killing boy)、ドラムにBOBO、サポートギターに戸高賢史(ART-SCHOOL)、バイオリンに佐藤帆乃佳(aluto)、チェロに橋本歩、キーボードに大古晴菜という強力なサポートメンバーを従えたTKは、アルバム「flowering」の楽曲を生で再現。トリッキーなアンサンブルに独特のハイトーンボイスが絡む「Abnormal trick」、なめらかなアルペジオに明るいボーカルが響く「phase to phase」と、楽曲ごとに異なる印象を与えるTKのパフォーマンスを観客は真剣に見つめた。

子守唄のような「fourth」では間接照明が柔らかくTKを照らし、繊細なアンサンブルの上に優しいボーカルが重なる。曲が終わるとTKは「ありがとう」と静かに感謝の言葉を伝え、ラストナンバー「film A moment」に突入。再びピリッとした緊張感が会場を支配する中、ステージ上の全員がそれぞれの音を激しくぶつけ合った。

メンバーがステージを去っても観客の熱狂は収まらず、賛美の拍手は自然とアンコールを求めるものへと変化する。長い拍手のあとでステージの照明が点くと、歓声とともに驚きの声が上がった。「こうやって出てくるのは何年ぶりかだと思うんですけど、1曲だけ……」と久しぶりにアンコールに応えたTKがはにかみながら歌い始めたのは、初恋の嵐の「涙の旅路」。アコースティックギターを抱えた彼は、彼自身も好きだという名曲を心を込めて歌い上げ、イベントを締めくくった。

なお終演後には、TK from 凛として時雨が12月27日に東京・日本武道館にて行われるライブイベント「DECEMBER'S CHILDREN」に出演する旨がアナウンスされた。果たして当日はどんな編成でステージに立つのか、イベントの続報とあわせて楽しみにしておこう。

音楽ナタリーをフォロー