hy4_4yhのプロデューサー江崎マサルが死去、新型コロナウイルス感染後に容体が急変

1

2484

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 1405 884
  • 195 シェア

hy4_4yhのプロデューサーを務める江崎マサルが、新型コロナウイルスに感染し、8月31日夕刻に亡くなったことが発表された。

江崎マサル

江崎マサル

大きなサイズで見る(全5件)

発表によれば、8月21日にhy4_4yhのメンバーであるyukarinの新型コロナウイルス陽性が判明。この時点の検査では、江崎は陰性であったが、8月24日にchanchalaの陽性が確認されたあと、2回目の検査を受けて陽性と判定されたという。江崎は保健所の指示を受けつつ、軽症であったことから本人の希望により自宅療養していたが、容体が急変し、帰らぬ人となった。本日9月6日15:30に火葬が行われる。なお、新型コロナワクチンは未接種だったという。

江崎は俳優業を経て、葉加瀬太郎プロデュースのもとロックバンド、ストロボ ローディーズを結成。バンド解散後、住友紀人プロデュースでソロデビューを果たし、ヴィジュアル系バンド・Λuciferのリズム隊と結成したオルタナバンド・AMIDAや、すわひでおと結成したコミックバンドユニット・すわマサルでも活動した。

またAKB48、織田裕二、日本エレキテル連合など数多くのアーティストに楽曲を提供し、舞台音楽やゲーム音楽、CM音楽の作家としても活躍。活動20周年を迎えた今年3月にはエザキマサル卍名義でのソロ活動を開始し、7月まで隔月で配信シングル「LOVE GENOME」「そのWAY→その上」「1991 NICE!」をリリースした。

十五執念漂流記

hy4_4yh「十五執念漂流記」
Amazon.co.jp

2005年から自身の所属会社アーティスト・hy4_4yhのプロデュースを担当した江崎。彼の最後の制作楽曲は8月25日にリリースされたhy4_4yhによる竹原ピストル「石ころみたいにひとりぼっちで、命の底から駆け抜けるんだ」のカバーで、最後のメディア出演は8月24日放送のTBSラジオ「アフター6ジャンクション」における宇多丸(RHYMESTER)との電話対談だった。なおhy4_4yhは8月18日に結成15周年記念アルバム「十五執念漂流記」をリリースしている。

この記事の画像・動画(全5件)

読者の反応

  • 1

音楽ナタリー @natalie_mu

hy4_4yhのプロデューサー江崎マサルが死去、新型コロナウイルス感染後に容体が急変
https://t.co/6iIb6yICsA

#hy4_4yh #江崎マサル https://t.co/so7q0SQKq7

コメントを読む(1件)

関連記事

hy4_4yhのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 hy4_4yh / RHYMESTER / 竹原ピストル の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。