JO1「リンダ リンダ」を踊る!シングル発売日に関西初冠番組、河野純喜の“飲み込みツッコミ”に注目

3442

JO1の冠番組「プレイリストJO1」が8月18日(水)23:47~24:47にABCテレビ(関西ローカル)で放送される。

「プレイリストJO1」メインビジュアル (c)ABCテレビ

「プレイリストJO1」メインビジュアル (c)ABCテレビ

大きなサイズで見る(全2件)

「プレイリストJO1」ロゴ (c)ABCテレビ

「プレイリストJO1」ロゴ (c)ABCテレビ[拡大]

8月18日に4thシングル「STRANGER」をリリースするJO1。シングル発売当日に放送される関西ローカル初の冠番組「プレイリストJO1」ではゲストMCの霜降り明星とともに、人生に影響を与えた楽曲をまとめた「人生プレイリスト」から選んだ1曲を選んでその曲にまつわるトークを展開する。VTRにはユニコーンの奥田民生と手島いさむ、長州力が登場。2組もそれぞれ自身の人生に大きな影響を与えた楽曲を紹介する。

トークパートも豆原一成が片手側転を披露したり、木全翔也が腹筋をしながら歌を歌ったりと見どころ満載だが、JO1の魅力はやはりパフォーマンス。霜降り明星が大きな影響を受けたというTHE BLUE HEARTS「リンダ リンダ」をダンス付きで熱唱するほか、「STRANGER」収録の「REAL」のパフォーマンスを地上波では初披露する。

音楽ナタリー編集部は収録を終えたJO1に直撃。與那城奨は霜降り明星との収録を振り返り「霜降り明星さんとは歳が近いこともあって、僕らが懐かしいと思ってる曲を2人も懐かしいと思ってくれて。番組の中で豆も言ってくれたんですけど、霜降り明星さんにぶっ刺さったんだと思います」と手応えを感じた様子を見せた。木全は「(河野)純喜のツッコミがめっちゃツボだったんですよ。『えー……なんでやねん』っていう」と、河野の妙にためたツッコミを気に入り、その理由を本人に問う。河野本人は「『それはなんでなんやろ?』ってちゃんと解釈してから言ってるんです。MCの手応えがめちゃくちゃあったので、この“飲み込みツッコミ”を流行らせようと思います」と自信満々だったが、與那城は「(MCは)全員飲み込んでツッコんでると思うよ」と“冷静ツッコミ”を入れた。

番組内での紹介フレーズが「滋賀県出身の20歳」のひと言で済まされ、スタジオに思いがけず笑いを起こした鶴房汐恩に、この収録でグループに持ち帰りたいものは何かと聞くと「バラエティに全員で出させていただいたときの自分の立ち位置を考えられるようになりたい。どうしても真面目に行っちゃうところがあるので」と回答。真面目すぎる回答にクスクスと笑いが起こると、金城碧海は「これよ!」と到底ひと言では説明しきれない鶴房の独特な空気感を噛み締めていた。

ボカロPとしても活動する粗品、そしてラップやレゲエが好きで、歌ネタも持っているせいや。もし霜降り明星のどちらかと楽曲制作をするならどちらとしたいかという質問をJO1に投げかけると、與那城は「せいやさんはボブ・マーリーのレゲエ要素を持っていて、粗品さんはピアノもできますし、バンドも好き。そしてギャンブルで得たシンセサイザーの音にも詳しい……どちらかを選ぶのは難しいけど、粗品さんのほうが音楽に詳しくて強そうなので、粗品さんにお願いしてみたいですね」と粗品派であることを告白。河野は「僕はせいやさんですね。収録の前にYouTubeでせいやさんがギターを弾きながら『いとしのエリー』を歌っているのを聴いていたんですが、すごくこぶしが効いていたので、一緒にこぶしの曲を効いた曲やパッションを感じる曲をやりたいです」とせいやとのコラボの構想を語った。

最後に「この夏プレイリストにJO1の曲を1曲を選ぶなら?」という質問を豆原に投げかけると、「みんな的にはどう?」と周りの様子を伺う。河野が「この夏のJO1の楽曲ならあれでしょ」と言うと、豆原は「STRANGER」通常盤の収録曲「STAY」を挙げた。この楽曲について豆原は「夏っぽいメロディで、夏の情景が浮かぶ曲。好きな瞬間を“STAY”させるためにシャッターに収めるという曲なんですが、この夏、皆さんにぜひ聴いてもらいたいです」とコメント。ほかのメンバーは「素晴らしいコメント!」と最年少の豆原のばっちりなトークのシメを褒め称えた。

ABCテレビ「プレイリストJO1」

2021年8月18日(水)23:47~24:47(※関西ローカル)
<出演者>
JO1
ゲストMC:霜降り明星
VTR出演:ユニコーン(奥田民生、手島いさむ) / 長州力

JO1収録後コメント

與那城奨

メンバーそれぞれが影響を受けた楽曲についての話を聞けてちょっとみんなの人生が知れたような気がしてうれしかったです。また、僕たちにとって思い入れのある楽曲が霜降り明星さんの懐かしい曲としてぶっ刺さったりもして、そういう反応を見させていただけたのも貴重だなと感じました。改めて音楽の素晴らしさを感じることができる番組だなと思いました。

大平祥生

大先輩の人生プレイリストのお話を伺って、ジェネレーションギャップを感じましたが、なかなか聞くことのできない貴重なエピソードから、僕たちが生まれる前の楽曲を知ることもできたのも贅沢でした。昔の楽曲なのに今聴いても新しいと感じましたね。

川尻蓮

霜降り明星さんと楽しく収録に臨むことができました。皆さんの人生プレイリストのエピソードトークは興味深いものから面白いものもあって、笑いどころも満載です(笑)。

豆原一成

番組を通して、メンバーだけでなく、いろんな世代の方々の転機となった楽曲を知ることができたのは貴重な体験でしたし、ものすごく楽しかったです! 今後もいろんな時代の音楽を聴いていこうって思いました。

白岩瑠姫

僕は元気の出る楽曲を挙げさせていただいたんですが、他のメンバーや霜降り明星さんの人生プレイリストを聞いてみると元気になるだけではなくて、悩んでいたときに励ましてもらった音楽もあって、みんなの人生を少し知れた気分になりました。番組でとてもいい時間を過ごせました。

佐藤景瑚

メンバーみんなの思い出に残っている曲を聴いていたら『そういえばあんなことがあったな』って思い出すこともあって。懐かしい気持ちにもなりました。そんな意味で、僕たちの曲がいろんな人の思い出として残っていってくれたらなって思いました。

河野純喜

メンバーの楽曲もそうですが、ゲストの皆さんの人生プレイリストのお話から、知らない楽曲と出会えて楽しかったです。知らない楽曲なのに、懐かしさを感じたりウルッとしたり……。改めて音楽の素晴らしさを感じることができました。

木全翔也

みんなの思い出の曲を聞いていたら、自分にとってもそれが思い出の曲だったりして興味深かったです。みんなにとっての思い出に、自分が聞いたときの情景を重ねたりしながら音楽を楽しむことができましたね。また次回があればぜひやりたいです!

川西拓実

みんなのお気に入りの楽曲を聴ける機会って、これまであまりなかったですし、知らない一面を知ることができて楽しかったですね。ゲストの皆さんの人生プレイリストには知らない曲もたくさんあったので、今日、家に帰って聴いてみようと思います。

鶴房汐恩

ほとんどの曲を知らなかったので勉強が必要だなって思いました(笑)。そんな中でも印象に残っているのは長州力さんが紹介していたサンタナの楽曲。格好いいなと思ったので、僕が生まれる前に作られた楽曲ですが、これから聴いてみたいです。

金城碧海

思い出の1曲からメンバーそれぞれのルーツが知れて面白かったですね。人生プレイリストのエピソードトークから人柄を感じることができましたし、改めて音楽の凄さも感じました。VTRゲストで登場いただいた長州力さんも、トークを聞いて初めて海外で生活していたということを知りました。そんなルーツがあるからこそ、あの力強さと肉体があるんだなって改めて尊敬しましたし、長州力さんのプレイリストにもすごく興味が湧きました。

この記事の画像(全2件)

JO1のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 JO1 / ユニコーン / 霜降り明星 / 長州力 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。