岡村靖幸のツアーファイナルが本人負傷で急遽延期

岡村靖幸の全国ツアー「岡村靖幸TOUR `07『告白』」のツアーファイナルとして予定されていた、11月14日のZepp Nagoya公演が本人の負傷により急遽中止。後日延期公演が行われることとなった。

オフィシャルサイトでは医師による診断書も公開されている。正式な症状名は「左腓腹筋筋挫傷」とのこと。

オフィシャルサイトでは医師による診断書も公開されている。正式な症状名は「左腓腹筋筋挫傷」とのこと。

大きなサイズで見る

この前日、11月13日にZepp Osakaで行われたライブで岡村は左足ふくらはぎを負傷。すぐに病院へ直行したものの歩行も困難となり、翌日名古屋で再度診断を受けたところ全治2ヶ月の重傷であることが判明した。

開演時間直前まで公演を決行できないか模索したが、演出の都合や今後の後遺症のことを考え、延期の決定に至った。岡村は会場を訪れたファンのためにステージに登場し、お詫びのあいさつと弾き語りでの演奏を披露した。

延期公演の日程は現在のところ未定。今後の詳細についてはオフィシャルサイトで発表される。

関連リンク

岡村靖幸のほかの記事