有安杏果、秋の「サクライブ」でファンとひさびさの対面「夢みたいだね!」

243

有安杏果のワンマンライブ「有安杏果 サクライブ2020」が、11月12日に東京・LINE CUBE SHIBUYAで開催された。

「有安杏果 サクライブ2020」の様子。(写真提供:Apricot Music Records)

「有安杏果 サクライブ2020」の様子。(写真提供:Apricot Music Records)

大きなサイズで見る(全19件)

「有安杏果 サクライブ2020」の様子。(写真提供:Apricot Music Records)

「有安杏果 サクライブ2020」の様子。(写真提供:Apricot Music Records)[拡大]

有安は本来、同タイトルの全国ツアーを桜の咲く春に行う予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大によってこのツアーは延期となり、さらに予定していた振替公演も中止となってしまった。1日限りの公演として開かれた秋の「サクライブ」は、感染予防や拡散防止対策を行ったうえで観客動員を制限して実施され、会場に足を運べないファンのために生配信も行われた。

有安杏果(写真提供:Apricot Music Records)

有安杏果(写真提供:Apricot Music Records)[拡大]

BGMに合わせて拍手が鳴り響くホール内。まずはバンドメンバーの福原将宜(G)、宮崎裕介(Piano)、川崎哲平(B)、波田野哲也(Dr)がステージ上にスタンバイし、宮崎が奏でるピアノを先頭にバンドの音が重なっていく。そこに有安がゆっくりと登場し、アコースティックギターを手にすると、1曲目の「サクラトーン」へ。3月にツアーで披露されるはずだった新曲が、8カ月の時を経てようやくファンの元へ届けられた。有安はアコギから赤いテレキャスターに持ち替え、7月にリリースされたロックチューン「Runaway」を披露。そして「ほいほい、皆さん! すごいね、夢みたいだね! まだ信じられない自分がいます」と感慨深げに客席を見渡し、「本当にお待たせしました。『サクライブ2020』へようこそ!」と挨拶した。観客は大きな拍手をするも、感染予防のため歓声を上げることはできない。いつもと違う客席の様子に戸惑いつつも、有安は「声出せないよね。しんどいよね。でも今日はみんなの思いをしっかり受け止めるつもりです」とその拍手に応えた。

有安杏果(写真提供:Apricot Music Records)

有安杏果(写真提供:Apricot Music Records)[拡大]

続く新曲「Do you know」ではブルーとピンクの照明が怪しくステージを照らす中、有安がキレのあるダンスを披露。くるりとターンを決めると、ロングスカートが軽やかにはためく。ジャジーなナンバー「愛されたくて」、新曲「LAST SCENE」と3曲連続のダンスパートを終えると、有安は「ここでカバー曲を」と、子役時代やオーディションを受けていた頃によく歌っていたというMISIAの「Everything」を熱唱した。昨年3月の再始動ライブから歌われている「虹む涙」は、グランドピアノとウッドベースが印象的なアレンジに。さらに8月に配信リリースされたミディアムバラード「ナツオモイ」とじっくり聴き入る楽曲が並んだが、その後の「Drive Drive」は通常なら観客が一斉にタオルを回して盛り上がるナンバー。この日の会場では半分に折り畳まれたタオルが小さく回る、これまでとは違った光景が広がった。

「有安杏果 サクライブ2020」の様子。(写真提供:Apricot Music Records)

「有安杏果 サクライブ2020」の様子。(写真提供:Apricot Music Records)[拡大]

バンドメンバーが1人ずつ「おうち時間」を振り返るアットホームなMCを挟み、ライブは後半戦へ。なごやかなトークから一転、有安はコロナ禍に感じた葛藤を打ち明け、「今日ここにいる皆さん、いろんな理由でここに来られなかった皆さんにも届けたい」と熱い思いを込めて「小さな勇気」を披露。さらにDREAMS COME TRUEのカバー「何度でも」へとつなげた。そして「Catch up」「TRAVEL FANTASISTA」「Another story」とアップテンポな3曲を畳みかけてライブは終了。照明が点いて明るくなった客席を見渡し、有安は笑顔で大きく手を振った。

有安杏果(写真提供:Apricot Music Records)

有安杏果(写真提供:Apricot Music Records)[拡大]

有安杏果とバンドメンバー。(写真提供:Apricot Music Records)

有安杏果とバンドメンバー。(写真提供:Apricot Music Records)[拡大]

アンコールは、すっかりおなじみとなっている“逆再生メドレー”。これはライブ本編で披露された楽曲が全曲異なるアレンジで逆順にメドレーで演奏されるというもので、バラードになった「Another story」、レゲエ調の「何度でも」、8ビートロックの「小さな勇気」、ボサノバタッチの「Everithing」、メタル化した「LAST SCENE」など意表を突くアレンジの連続に場内は拍手喝采となった。「今、ライブできてるんだなって感じております。大切な時間を預けてくれてありがとうございます」とステージに立てた喜びをしみじみ語った有安は、1月に開催が決定しているライブツアー「有安杏果 Live Tour 2021 “雫ノ音”」、そして新たに決まった弾き語りツアー「有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021」について触れつつも「しっかり準備するしがんばろうと思いますが……声を大にして約束できないことが苦しい」と新型コロナ感染拡大がなおも続く中で心から「来てね」と言えないもどかしい思いを吐露。しかし、昨年夏のツアーで芽生えたポジティブな“ポジ子”としての思いを持って前向きに考えることを宣言し、「私たちがやっている音楽とか芸術は、人の心を豊かにする、心の栄養剤になるんじゃないかと私はずっと信じているので、皆さんにもこれから届けていけたらいいなと思います」とメッセージを伝えた。そして有安は最後にもう1曲、リアレンジした「ペダル」を披露し、ひさびさのライブを終えた。

なお、この日のライブ配信は明日11月20日23:59までアーカイブ視聴することができる。販売は明日18:00まで。

この記事の画像(全19件)

有安杏果 サクライブ2020
2020年11月12日 LINE CUBE SHIBUYA セットリスト

01. サクラトーン
02. Runaway
03. Do you know
04. 愛されたくて
05. LAST SCENE
06. Everything(オリジナル:MISIA)
07. 虹む涙
08. ナツオモイ
09. Drive Drive
10. 小さな勇気
11. 何度でも(オリジナル:DREAMS COME TRUE)
12. Catch up
13. TRAVEL FANTASISTA
14. Another story
<アンコール>
15. 逆再生メドレー
16. ペダル

有安杏果 Live Tour 2021 “雫ノ音”

2021年1月9日(土)愛知県 DIAMOND HALL
2021年1月11日(月・祝)大阪府 なんばHatch
2021年1月16日(土)東京都 チームスマイル・豊洲PIT
2021年1月17日(日)東京都 チームスマイル・豊洲PIT

有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021

2021年4月3日(土)宮城県 チームスマイル・仙台PIT
2021年4月4日(日)北海道 cube garden
2021年4月10日(土)大阪府 松下IMPホール
2021年4月11日(日)香川県 高松festhalle
2021年4月17日(土)広島県 BLUE LIVE HIROSHIMA
2021年4月18日(日)福岡県 イムズホール
2021年4月21日(水)愛知県 DIAMOND HALL
2021年4月24日(土)東京都 神田スクエアホール
2021年4月25日(日)東京都 神田スクエアホール

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

有安杏果のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 有安杏果 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。