有安杏果1人きりの弾き語りツアー「サクライブ」、ボロボロの指先に詰まった夢

582

有安杏果の全国ツアー「有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021」の最終公演が、4月25日に東京・神田スクエアホールで行われた。

「有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021」最終公演の様子。(写真提供:Apricot Music Records)

「有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021」最終公演の様子。(写真提供:Apricot Music Records)

大きなサイズで見る(全13件)

「有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021」最終公演の様子。(写真提供:Apricot Music Records)

「有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021」最終公演の様子。(写真提供:Apricot Music Records)[拡大]

このツアーはタイトルの通り、全編弾き語りスタイルで行われたアコースティック公演。有安はサポートメンバーも入れず1人でステージに立ち、歌とギター、ピアノのみというシンプルな構成でのパフォーマンスに挑んだ。

有安杏果(写真提供:Apricot Music Records)

有安杏果(写真提供:Apricot Music Records)[拡大]

楽器が並ぶステージに1人で現れた有安は、アコースティックギターを手にすると、16ビートのストロークで弦を鳴らし、観客はリズムに合わせてハンドクラップを鳴らす。1曲目は「愛されたくて」だ。オリジナルはジャズテイストのアレンジだが、有安は軽快なシャッフルビートでこの曲を表現。2曲目の「Catch up」では歯切れのいいカッティングに乗せてシリアスな歌声を響かせた。「ようこそ『サクライブ2021』ファイナルへ。皆さん……楽しめそうですか?」と1人ぼっちのステージにわずかな不安を見せつつも、有安は引き続きギターを手に歌い続ける。アルペジオのイントロで始まる「LAST SCENE」では赤いライトが有安を照らし、続く「遠吠え」では有安の感情のこもった荒々しいパフォーマンスに観客も思わず息をのむ。ふいに笑顔に戻り、椅子から立ち上がり会場を隅々まで見渡した有安は、飛沫防止のため声を出せない観客にジェスチャーでのコミュニケーションを求めつつ、アットホームな対面でのやりとりを楽しんだ。

「有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021」最終公演の様子。(写真提供:Apricot Music Records)

「有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021」最終公演の様子。(写真提供:Apricot Music Records)[拡大]

有安杏果(写真提供:Apricot Music Records)

有安杏果(写真提供:Apricot Music Records)[拡大]

そして有安は昨年春、Twitter上での「#うたつなぎ」バトンで歌った高橋優のカバー「福笑い」を披露した。続いて電子ピアノが置かれたステージ後方へと移動すると、ピアノ弾き語りで「裸」を熱唱。ロングトーンで「信じていたい」と歌う有安のシリアスな声がホール内に響きわたる。一転、明るいムードの「TRAVEL FANTASISTA」では跳ねたビートに観客のハンドクラップも息ぴったり。有安は再びギターを手にして「Do you know」「Another story」を体を揺らしながら歌った。「めっちゃ暑い! 私だけ?」と、有安はここでひと呼吸おき、ツアーを振り返る。予定されていた8会場9公演のうち、4月10日の大阪・松下IMPホール公演は新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み9月に延期となってしまったが、有安は全国各地のファンとひさびさに出会えたこと、そして外食はできないながらも各地のホテルで満喫したご当地グルメの思い出を語った。このツアーでは各公演日替わりでカバー曲が用意されており、千秋楽では「今回のツアーは1人で心細かったりもしましたが、スタッフさん、そして応援してくれるみんなに感謝を込めて」と、Superflyの「愛をこめて花束を」をチョイス。有安は子供の頃から大好きだったというこの曲を、今現在の思いを重ね、ギターの弾き語りで丁寧に歌い上げた。

「有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021」最終公演の様子。(写真提供:Apricot Music Records)

「有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021」最終公演の様子。(写真提供:Apricot Music Records)[拡大]

「今日でツアーが終わってしまう……寂しいです」と、終盤に差しかかったライブに名残惜しそうな表情を見せる有安。ライブの直前、スタッフに言われた「ライブができる普通の喜びを噛み締めましょうね」という言葉を取り上げ、「次に歌う曲は、すごく心がネガティブになって、『自分なんて必要ないんじゃないか』と思っていたときに書いた曲です。だけどね、もしかしたら自分の歌や音楽でちょっとしんどかったことが楽になったり、ちょっとがんばってみようかと思ってくれる人もいるかもしれない。みんなが光をくれました。今日ホントにみんなに会えて、みんなの前で歌えてうれしいです」と涙ながらに思いを伝えた彼女が歌ったのは、ソロ活動初期のバラード「色えんぴつ」。演奏を止め「僕にだって出来ることあるんだ」とアカペラで熱唱した有安に、観客からは温かい拍手が送られた。「ペダル」「心の旋律」を続けて披露した有安は、胸に手を当てて深々と一礼。去年の春は中止となった「サクライブ」を無事開催でき、ファイナルを迎えた喜びを改めて噛み締め、ピアノ演奏で「サクラトーン」を披露。さらにピアノ演奏を続けて「ハムスター」を歌い、最後はギター弾き語りの「Runaway」で元気いっぱいにステージを終えた。

「有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021」最終公演の様子。(写真提供:Apricot Music Records)

「有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021」最終公演の様子。(写真提供:Apricot Music Records)[拡大]

アンコールを求める観客の拍手を受けて再び登場した有安は、ピアノ演奏で「feel a heartbeat」、ギター弾き語りで「虹む涙」をパフォーマンス。「こんなまだまだな私のことを応援し続けてくれてありがとうございます。これからも感謝の気持ちを忘れずに、みんなと一緒に前に進んでいけたら。1人じゃできないので、みんな付いてきてほしいです。応援よろしくお願いします」と、涙ながらに改めてファンへの感謝の思いを伝えた。そして「最後にこの弾き語りツアーに向けて書いた曲を」と、弾き語りツアーに合わせて“1人”をテーマに書いた新曲について語り始める。この曲はツアー中、タイトルを決めあぐねたまま歌われてきたが、有安はこのツアーファイナルの直前にタイトルを決めたという。そのタイトルは「指先の夢」。ギターとピアノの練習で皮がめくれボロボロになった自分の指先に「夢に向かってがんばるってこういうことなんだな」とアーティストとしての決意を感じたという。タイトルが決まったばかりの新曲を歌い終えた有安は、「しんみりしちゃったからさ、最後は思い切り貼ってエネルギーを出し切りたいと思うので、もう1曲やりまーす!」と明るくアップテンポな「ヒカリの声」を披露。全20曲を1人で演奏し、ツアーを完走した。

なお11月には、今年1月に予定されていたバンド編成でのライブツアー「有安杏果 Live Tour 2021 “雫ノ音” 振替公演」の振替公演が行われる。

この記事の画像・動画(全13件)

有安杏果 サクライブ 弾き語りツアー2021
2021年4月25日(日)神田スクエアホール セットリスト

01. 愛されたくて
02. Catch up
03. LAST SCENE
04. 遠吠え
05. 福笑い(オリジナル:高橋優)
06. 裸
07. TRAVEL FANTASISTA
08. Do you know
09. Another story
10. 愛をこめて花束を(オリジナル:Superfly)
11. 色えんぴつ
12. ペダル
13. 心の旋律
14. サクラトーン
15. ハムスター
16. Runaway
<アンコール>
17. feel a heartbeat
18. 虹む涙
19. 指先の夢
20. ヒカリの声

各公演のカバー曲

2021年4月3日(土)宮城県 チームスマイル・仙台PIT:キセキ(オリジナル:GReeeeN)
2021年4月4日(日)北海道 cube garden:何度でも(オリジナル:DREAMS COME TRUE)
2021年4月11日(日)香川県 高松festhalle:サクラ色(オリジナル:アンジェラ・アキ)
2021年4月17日(土)広島県 BLUE LIVE HIROSHIMA:イージュー★ライダー(オリジナル:奥田民生)
2021年4月21日(水)愛知県 DIAMOND HALL:Darling(オリジナル:西野カナ)
2021年4月24日(土)東京都 神田スクエアホール:桜(オリジナル:コブクロ)

有安杏果 Live Tour 2021 “雫ノ音” 振替公演

2021年11月17日(水)大阪府 なんばHatch
2021年11月18日(木)愛知県 DIAMOND HALL
2021年11月29日(月)東京都 チームスマイル・豊洲PIT

全文を表示

関連記事

有安杏果のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 有安杏果 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。