ライブハウスに帰ってきたフジファブリック、9カ月ぶり歓喜のワンマン

908

フジファブリックが11月13日に神奈川・KT Zepp Yokohamaにて、ワンマンライブ「I FAB U FAB ME」を開催した。

フジファブリックLIVE&ONLINE「I FAB U FAB ME」の様子。(撮影:森好弘)

フジファブリックLIVE&ONLINE「I FAB U FAB ME」の様子。(撮影:森好弘)

大きなサイズで見る(全11件)

昨年デビュー15周年を迎えたフジファブリックは今年2月より、祝ってくれたファンに感謝を返すツアー「I FAB U」をスタートさせた。しかし新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ツアーは序盤の5公演を終えた段階で中止に。今回のライブは約9カ月ぶりの有観客ワンマンとなった。この記事では16:00開演、20:00開演の2公演のうち、全国のファンに向けた生配信も行われた2回目の公演をレポートする。

山内総一郎(Vo, G)(撮影:森好弘)

山内総一郎(Vo, G)(撮影:森好弘)[拡大]

会場内の座席には感染防止対策のため1席ずつ空ける形でファンが着席し、メンバーとの再会を待ちわびる。開演時刻を迎えて山内総一郎(Vo, G)、加藤慎一(B)、金澤ダイスケ(Key)とサポートメンバーの伊藤大地(Dr)がステージに姿を見せると、オーディエンスは歓声の代わりに大きな拍手を送った。壮大なストリングスのイントロから始まった1曲目は「破顔」。ファンとの再会を果たしたこの日を祝うような曲でライブの幕を開けると、続く「Green Bird」では山内と金澤がサビで華麗なハーモニーを響かせる。山内は「今日は新たな絆を見つけていく、そんな日です。最高の夜にする準備はできてますか?」と観客に呼びかけ、「Sugar!!」を熱唱。この曲では配信の撮影用カメラがステージに上がってメンバーに接近し、臨場感たっぷりの映像を配信で見守るファンに届けた。

最初のMCで山内は「ライブハウスに帰ってきたぞー!」と叫び、満面の笑顔を浮かべる。そして「心の中で歌ってもらったら僕らにも伝わるので。そうやってひとつになっていく日だと思います」と、会場や配信で楽しむファンに呼びかけ「拍手や身振り手振りは大きめにお願いしますよ?」とフロアを煽った。加藤のベースリフが印象的な「LET'S GET IT ON」をファンキーに聴かせたあとは「robologue」で金澤が洒脱なピアノを奏で、山内はハンドマイクで表情豊かな歌声を届けた。その後は「若者のすべて」へ。4人の真摯な演奏に、オーディエンスは圧倒された様子で耳を傾けていた。

加藤慎一(B)(撮影:森好弘)

加藤慎一(B)(撮影:森好弘)[拡大]

続くMCでは各メンバーを紹介。金澤は「I FAB U」の中止直前に行われ、やりたい放題の内容で話題を集めた自身の生誕イベント「金澤ダイスケ生誕祭 -Flyaway-」を振り返り「謎の生誕祭が今年最後のライブにならなくてよかった!(笑)」と苦笑い。加藤は「一体となってこのライブを楽しみましょう」とファンに呼びかけた。「I FAB U」ツアーでフジファブリックに初参加となった伊藤は「ツアーの1本目が横浜だったので、そのときの感じを思い出します。(続きを)やれないと思っていたから、やれてうれしいです」と喜びを明かした。

配信のカメラにアピールする金澤ダイスケ(Key)。(撮影:森好弘)

配信のカメラにアピールする金澤ダイスケ(Key)。(撮影:森好弘)[拡大]

山内はツアーが中止になった当時の心境を「すごく悔しくて」と率直に明かしつつ、この日のライブを迎えた思いを「みんなと一緒にこの時間を作り上げられていることが幸せです」と語った。そんな思いを届けるように「手紙」の重厚な演奏を繰り広げたあとは「Feverman」へ。4人が刻む軽快なリズムに乗せて、会場のオーディエンスも心地よさそうに体を揺らした。疾走感たっぷりの「星降る夜になったら」、軽快なサウンドに乗せて現在の状況とシンクロしたかのような歌詞が歌われた「LIFE」のあと、山内は今回のライブを開催できた思いを「バンドのライブができるのは奇跡に近くて、みんなの力があってこそ」と改めて語った。そして「また会場でやりたいなと思っていたら……決まってしまいまして」と、12月2日にアコースティックライブ「FABRIC THEATER 3」を東京・EX THEATER ROPPONGIで行うことを発表し、ファンを喜ばせた。

「皆さんの未来にとって、僕らが光になりたいと思います。大変なことはあるけど、これからの皆さんの光あふれる未来を願って」という山内の言葉に続き、本編最後に披露された曲は6月に配信限定でリリースされた最新曲「光あれ」。バンドの新機軸を感じさせるポップなサウンドで、ひさびさのワンマンライブを締めくくった。

フジファブリックLIVE&ONLINE「I FAB U FAB ME」アンコールの様子。(撮影:森好弘)

フジファブリックLIVE&ONLINE「I FAB U FAB ME」アンコールの様子。(撮影:森好弘)[拡大]

アンコールでは4人がこの日のライブグッズのTシャツに身を包んでステージに登場した。金澤は1席ずつ空けられたフロアを見渡して「こちらからもよく見えます。『そんな踊り方してるんだー』みたいに(笑)」とステージ上からの感想を明かしてファンを笑わせる。山内はファンへの思いを「『I love you』って言える関係を築いてこられたことに自信を持てました」と明かし、「そういう自分たちの気持ちを100%以上詰め込んだ作品を届けますから、待っててください!」と新作への意気込みを語って、大きな拍手を浴びた。アンコールで披露されたのは「SUPER!!」そして「STAR」。パワフルな演奏でオーディエンスを盛り上げたあと、山内は「またライブハウスで会いましょう!」と笑顔で叫び、ステージをあとにした。

今回のライブのアーカイブ映像は11月20日23:59まで公開中。視聴チケットは20日21:00まで販売している。

この記事の画像(全11件)

フジファブリックLIVE&ONLINE「I FAB U FAB ME」2020年11月13日[2nd] KT Zepp Yokohama セットリスト

01. 破顔
02. Green Bird
03. Sugar!!
04. LET'S GET IT ON
05. robologue
06. 若者のすべて
07. 手紙
08. Feverman
09. 星降る夜になったら
10. LIFE
11. 光あれ
<アンコール>
12. SUPER!!
13. STAR

全文を表示

関連記事

フジファブリックのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 フジファブリック の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。