PARADISES、観客を前にした初ライブついに実現「みんながいる心強さを感じました」

586

GO TO THE BEDSPARADISESが、本日9月6日に神奈川・横浜関内ホールでそれぞれワンマンライブを開催。この記事では昼に行われたPARADISESのワンマンライブ「初めまして、楽園です。」の模様をレポートする。

PARADISES(Photo by sotobayashi kenta)

PARADISES(Photo by sotobayashi kenta)

大きなサイズで見る(全10件)

GANG PARADEが分裂して4月に誕生したGO TO THE BEDSとPARADISES。コロナ禍の影響により、長きにわたって観客の前でライブをすることが叶わない状況が続いていた。2組はソーシャルディスタンスを保つために会場の収容人数を25%に絞り、昼にPARADISES、夜にGO TO THE BEDSが結成後初のワンマンライブを行った。

PARADISES(Photo by sotobayashi kenta)

PARADISES(Photo by sotobayashi kenta)[拡大]

観客の前に初めて姿を見せたPARADISESは「TWINKLE TWINKLE」「BRIGHT FUTURE, YOUR SMILE」とさわやかな楽曲を序盤に披露。「PURE GIRL」では「ソレソレソレソレ!」とテンション高く声を上げ、「キモチイイコトシタイ!」で前向きなメッセージを観客に届けた。自己紹介ではテラシマユウカ、月ノウサギ、ナルハワールド(山田なる)、キラ・メイが最近うれしかったこと、悲しかったことを話していく。そんな中、ナルハは悲しいこととして「最近、彼氏に振られた」と話し、ABEMAの恋愛リアリティショー「今日、好きになりました。~青い春編~」でカップルになった桑山隆太(WATWING)との破局を挙げた。そしてメイが「今日は一生忘れられない1日になります。皆さんにとっても忘れられない1日にしてみせます! 今まで溜め込んできたエネルギーを全部出して、バカになっちゃうくらいはっちゃけたいと思います!」と述べ、軽快なロックチューン「YEAH!!」を歌唱した。

PARADISES(Photo by sotobayashi kenta)

PARADISES(Photo by sotobayashi kenta)[拡大]

PARADISESは四つ打ちのダンサブルな楽曲「命短し乙女たち」を披露後、ナルハの元恋人の桑山が出演したミュージックビデオでも話題を集めたナルハ作詞のミディアムチューン「青い春」を歌唱した。9曲を披露したところで10分間の換気タイムが設けられ、4人はその時間を使って何をするか相談し始める。その結果、WACK所属メンバーで唯一InstagramとTikTokの個人アカウントを持つナルハがステージでTikTokの撮影を行ったり、ほかのメンバーもTikTokの人気ネタである「全力〇〇」にチャレンジしたりしつつ、観客のリアクションを期待できないシチュエーションで順調にコントを展開していった。換気タイムが終わり、メイがおもむろにパンストを掲げてステージに登場。パンストは前身グループのGANG PARADEで目立たないメンバーが、自らの殻を破るためにライブで被っていたアイテムだ。しかしナルハが全力でパンスト被りを否定し、メイからパンストを奪い取って投げ捨てた。次の曲「お願い」でメイはパンストを手に持ったままうなだれるも、結局パンストを被ることはないまま、最後はほかの3人と共に同曲を歌い踊った。ライブ終盤、PARADISESは透明感のある楽曲「終わらない旅」を最後に届けてライブを終えた。

PARADISES(Photo by sotobayashi kenta)

PARADISES(Photo by sotobayashi kenta)[拡大]

アンコールでは4人それぞれが思いを語った。テラシマは「今日という日が、みんなが目の前にいるこの瞬間がずっとずっと待ち遠しかった。突然世界が変わってしまって、自分の無力さを痛感したし、みんながいる心強さを感じました。会えない間も愛を絶やさずにいてくれたからここにいられます。同じ空間で息を吸うことができて、この時間が永遠に続けばいいのになって願わずにはいられません」と述べ、涙を堪えつつ「生きづらい世の中で大事なことは、明るさやったり大切な人との関わりやったい……みんなと一緒に楽しいと笑えることだと思います。PARADISESはそんな大切なことをみんなに届け続けていきたい。一緒に笑っていられる楽園を寄り添いながら作っていきましょう。私は幸せです。みんなのことが大好きです」と話した。月ノウサギは初ワンマンの来場者および配信で観覧しているファンに向けて改めて感謝を伝えてから、「スタートは遅れてしまったんですけど、私たちはここからです。PARADISESになってから青春という言葉を使ったり、目にしたりすることが増えました。青春って限られたものと感じることが多いけど、誰だっていつだってつかみ取ることができるものだと思います。これから悩むこと、苦しいこと、もがくこともあるだろうし、私たちが進む道は決して楽じゃないかも知れない。でもそういう未来も愛おしいと思っていたいし、皆さんがそう思える楽園を作っていきたいです」とコメントした。

PARADISES(Photo by sotobayashi kenta)

PARADISES(Photo by sotobayashi kenta)[拡大]

ナルハはWACKの育成グループWAggからGANG PARADEに昇格し、その末にPARADISESで活動しており、PARADISESになってから振り付けを担当する機会や、ドラマ出演などソロ活動など、活動の幅が広がったことを話し、「できることが増えていってすごくうれしいです。PARADISESが始まった頃はライブやイベントができなくて戸惑うこともたくさんありましたが、最近は新しいことに出会う毎日がすごく楽しくてワクワクした気持ちでたまりません。私はPARADISESでGANG PARADEを超えます。そしてPARADISESに入りたい、ナルハワールドになりたいと憧れられるような存在を目指していきます。これからいろんな場所に私たちの楽園を届けていきます」と語った。メイは初ワンマンを楽しみにしていたが、その気持ちと同じくらいの緊張感を持ってこの日を迎えたことを明かす。そして「成長した姿を見せないといけないという焦りもありました。できないことを思い悩むんじゃなくて、今の自分にできることを探して精一杯やる、それでできることを少しずつ増やしていく。できないことに焦ってしまうこともあるけど、繰り返していくうちに『どうしたらいいんだろう』と考えることが楽しいと思えるようになりました」と続けた。さらにメイはWAggから昇格してPARADISESに加入してから「届けること」の大切さを知り、意識が変わったという。「今、目の前の皆さんに思いは届いているのかな、楽しんでるかなって思いながらパフォーマンスすることがこんなに楽しいことなんだって今日は気付きました。皆さんと同じ時間を過ごすことができて本当に幸せです」と観客に思いを伝えた。PARADISESはアンコールで本日配信がスタートした新曲「ENVIES」と、グループの始まりの楽曲でもある「GOOD NIGHT」を披露して、初ライブを終えた。なおライブの最後には11月8日に京都・KBSホールでワンマンライブを行うことが発表された。

この記事の画像(全10件)

PARADISES「初めまして、楽園です。」2020年9月6日 神奈川県 横浜関内ホール セットリスト

01. TWINKLE TWINKLE
02. BRIGHT FUTURE, YOUR SMILE
03. PURE GIRL
04. キモチイイコトシタイ!
05. YEAH!!
06. ALIVE
07. ズルい人
08. 命短し乙女たち
09. 青い春
10. お願い
11. STARE
12. 優しい風に吹かれて
13. 終わらない旅
<アンコール>
14. ENVIES
15. GOOD NIGHT

PARADISES「初めまして、楽園です。」

2020年11月8日(日)京都府 KBSホール
OPEN 14:00 / START 14:30

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

GO TO THE BEDSのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 GO TO THE BEDS / PARADISES / GANG PARADE の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。