頭脳警察の歴史を関係者証言で掘り下げる、結成50周年記念ドキュメンタリー映画

532

頭脳警察の結成50周年企画の一環でドキュメンタリー映画「zk / 頭脳警察50 未来への鼓動」が7月18日より東京・新宿K's cinemaにて公開される。

「zk / 頭脳警察50 未来への鼓動」ティザービジュアル (c)2020 ZK PROJECT

「zk / 頭脳警察50 未来への鼓動」ティザービジュアル (c)2020 ZK PROJECT

大きなサイズで見る

1970年にPANTA(Vo, G)とTOSHI(Dr, Per)を中心に結成され、政治問題を反映した歌詞や刺激的なパフォーマンスでロック好きを中心に熱狂的な支持を集めた頭脳警察。2度の解散を経て、2001年以降はコンスタントに活動を展開しており、昨年はアニバーサリーイヤーに向けて、黒猫チェルシーの澤竜次(G)と宮田岳(B)、アーバンギャルドのおおくぼけい(Key)、樋口素之助(Dr)を擁する頭脳警察50周年バンドを始動させた。

精力的な活動が続く中で公開される映画は、頭脳警察と同じ時代を歩んできた著名人やフォロワーなど、さまざまな世代の表現者の証言を交えながら、バンドの現在と過去を掘り下げ、日本におけるカウンターカルチャーとサブカルチャーの歴史を浮き彫りにする内容。メガホンを取るのはPANTAの旅行記「ヤルタ★クリミア探訪記 PANTAと仲間たち」に共著者としても名を連ねる映画監督の末永賢。彼は「吹き荒れた疫禍から世界が生き残った時、ぼくらは恐怖と分断から解き放たれているだろうか。ブチ撒かれたガラクタの中から響く頭脳警察の叫びと打撃は、その時こそ深く突き刺さるに違いない」と映画に対する思いを明かしている。

「zk / 頭脳警察50 未来への鼓動」出演者

頭脳警察(PANTA、TOSHI、澤竜次、宮田岳、樋口素之助、おおくぼけい) / 加藤登紀子 / 植田芳暁 / 岡田志郎 / 山本直樹 / 仲野茂 / 大槻ケンヂ / 佐渡山豊 / 宮藤官九郎 / ROLLY / 切通理作 / 白井良明 / 浦沢直樹 / 木村三浩 / 桃山邑 / 春風亭昇太 / 鈴木邦男 / 足立正生 / 鈴木慶一 / 高嶋政宏

※高嶋政宏の「高」ははしご高が正式表記。

関連記事

頭脳警察のほかの記事

リンク