音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

YMO「RYDEEN」でどんどん増殖!日本全国ポッキー化計画

348

グリコの人気商品「ポッキー」の新CMに、Yellow Magic Orchestraの細野晴臣坂本龍一高橋幸宏が登場。名曲「RYDEEN(ライディーン)」に乗せて「日本全国ポッキー化計画」を宣言する。

「エビバデポッキー」というコンセプトのもと、ポッキープリンセスたちの弾けるダンスパフォーマンスで若い世代の心を掴んできた「ポッキー」CM。新作「エビバデポッキー宣言」編では、「エビバデポッキー」のコンセプトはそのままに、老若男女問わず愛される国民的お菓子を目指すべく、メインキャラクターを大胆に方向転換。真っ赤なスーツに身を包んだ細野、坂本、高橋の3人が「日本全国の皆さん、ポッキーを!」と呼びかける。

白いスーツ&帽子姿の群衆が、3人の呼びかけで一斉に赤いスーツの「ポッキーマン」に変身する様子は圧巻。「RYDEEN」のクールなビートに乗せて“増殖”したポッキーマンが人文字を作るダンスシーンは、CG処理を施したではなく、多くのエキストラが実際に規律正しく動く様子を撮影したもの。体の前側半分を赤、後ろ側半分を白に塗りわけた衣装を着た人々が規則正しくターンするなど、あえてアナログなエッセンスを取り入れることで、従来のCMにはない斬新な映像が完成した。

この新CM「エビバデポッキー宣言」編は、9月14日(火)より放送開始。これに先駆け、オフィシャルサイト「PockyStreet」ではCMの30秒/15秒バージョンが視聴可能だ。

Yellow Magic Orchestra インタビュー

<ポッキーチョコレートの新CMキャラクターに抜擢された感想>
細野晴臣:僕、ポッキー大好きだもん(笑)。
坂本龍一:そういえば、昔よくキーボードの上に、たくさん積んでたような。
高橋幸宏:そうそう。細野さん、イチゴ味のポッキーをいっぱい食べてました。
細野:うん、まだ痩せてた頃ね。
高橋:でも、まぁそれとは関係ないと思いますけど(笑)。

<CMについて>
高橋:出来上がりをまだ見ていないので、すごく楽しみです。
細野:ちょっとした特殊撮影だもんね。
坂本:とにかく面白くなりそうだなと思っています。
細野:後ろの人たちの色がくるくる変わる。あれ実際にやってるわけでしょ。
坂本:CGじゃないところがすごいですよね。

<撮影中のエピソード>
坂本:3人同時にポキッと食べるシーンで、あまりにもぴったり揃ったので驚きました。
高橋:基本的に真面目なんじゃないですかね。
細野:いやいや、リズム感がいいんだよ。
坂本:僕ら、リズム感がいいんだ(笑)。
高橋:スタッフの方から、本当はもうちょっと食べ方が難しくて、独特の持ち方もあるんだけど、その習得がとても早いと褒められました。

<「RYDEEN」をリリースした当時の思い出話>
細野:精神的な部分は今と変わってないような(苦笑)。
高橋:プライベートで会ってお酒を飲んでると、今でもあの頃を思い出しますね。
坂本:スタジオの仕事が終わった後、2人で飲み行って「RYDEEN」を作ったじゃん。鼻唄を歌いながら、忘れないように紙か何かに書いたよね。
高橋:最近はお互いに会うと、しばらくは近況報告をしあって……。
細野:それに飽きてくると、やっぱり昔の話になるんだよね。

<メッセージ>
細野:ポッキーを食べましょう!
坂本:ポッキーを食べて、贈りましょう!
高橋:昔から身近にあって、これからもポッキーはずっと続いていくでしょう。そのお手伝いができたということで、とても光栄に思っています。

音楽ナタリーをフォロー