ヨルシカn-bunaがEテレ「天才てれびくん hello,」EDテーマ制作、振り付けはs**t kingz

439

ヨルシカn-bunaが、4月6日(月)にスタートするNHK Eテレ「天才てれびくん hello,」のエンドテーマとして新曲「ハローハロー」を書き下ろした。

「天才てれびくん hello,」ビジュアル(写真提供:NHK)

「天才てれびくん hello,」ビジュアル(写真提供:NHK)

大きなサイズで見る(全4件)

「天才てれびくん hello,」はみやぞん(ANZEN漫才)がMCを務める子供向け教育番組。子供たちだけが入れる仮想空間"電空"が壊れてログインできなくなってしまった近未来を舞台に、その空間をもとに戻すために集められた12人の"てれび戦士"の奮闘を描く。

n-bunaが手がけた「ハローハロー」は、子供たちだけが入れるという夢の空間"電空"への憧れと郷愁をダンサブルなメロディで表現した1曲。エンディングでは楽曲に乗せて、s**t kingz振り付けによるダンスをてれび戦士たちが踊る姿がフィーチャーされる。なお、s**t kingzのNOPPOはバックドアーズという敵役として番組のドラマパートにも出演する。

n-buna メッセージ

ヨルシカ

ヨルシカ[拡大]

子どもの頃、友達と集まって、山の中に手作りの隠れ家を作ったことを覚えています。

番組のコンセプトを見せてもらった時に浮かんだのは、電子空間という現代的な形の秘密基地で遊んでいる子どもたちの姿でした。僕たちが子どもの頃と比べると遊ぶ場所は変わりましたが、本質的なことは何も変わらないように思います。いつの時代も子どもたちが楽しければそれが一番ですね。レコーでィング当日は子どもたちの元気さに勝手に癒やされました。とても良い子たちでした。彼らの冒険に寄り添えるような曲を書けていることを願っています。

s**t kingz メッセージ

s**t kingz

s**t kingz[拡大]

自分が観ていた番組のエンディングダンスを振付する日が来るなんて! 子供の頃に戻ったようにワクワクしながら作りました。家で一人で踊っても、家族の誰かと踊っても、友達100人と踊っても楽しいようなダンスを目指して作りましたが、正解など気にせず思いっきり楽しんで踊ってくれたら嬉しいです!

NOPPO メッセージ

左からNOPPO、バックドアーズ。(写真提供:NHK)

左からNOPPO、バックドアーズ。(写真提供:NHK)[拡大]

今回「天才てれびくん hello,」に出演させていただくことになり、とても光栄です!! 自分が演じるキャラクターは「怪しい」存在ですが、もちまえの動きや格好で見てくれた方が、つい楽しくなりカラダが動いてまねしたくなっちゃうような「怪しい楽しい」存在になれるようにがんばります!!

NHK Eテレ「天才てれびくん hello,」

2020年4月6日(月)18:20~18:45
※以降毎週月曜~水曜18:20~18:45、毎週木曜18:20~18:54

この記事の画像(全4件)

ヨルシカのほかの記事

リンク