蓮沼執太フィルが初のゲリラライブ、銀座の街行く人にサプライズな音楽体験を

189

蓮沼執太フィルが本日11月18日に東京・Ginza Sony Parkで初のゲリラライブを行った。

蓮沼執太フィルGinza Sony Parkゲリラライブの様子。(撮影:後藤武浩)

蓮沼執太フィルGinza Sony Parkゲリラライブの様子。(撮影:後藤武浩)

大きなサイズで見る(全29件)

この日欠席の環ROY、小林うてなを除く13人体制で銀座の街中に突如登場した蓮沼フィル。息の合った演奏で「Juxtaposition with Tokyo」を披露すると、Ginza Sony Parkを訪れた人々はもちろんのこと、多くの通行人が足を止め、周囲にはあっという間に人だかりができた。蓮沼は集まったオーディエンスに「蓮沼執太フィルです! こんばんは!」と挨拶し、続けて「Earphone & Headphone in my Head - PLAY0」を歌い始める。サビでは蓮沼のソロボーカルに宮地夏海のフルートがハーモニーのように寄り添っていた。

蓮沼執太フィルGinza Sony Parkゲリラライブの様子。(撮影:後藤武浩)

蓮沼執太フィルGinza Sony Parkゲリラライブの様子。(撮影:後藤武浩)[拡大]

リズミカルな2曲のあとは「Triooo - VOL」を伸びやかに届けた蓮沼フィル。ライブ定番曲「Hello Everything」の間奏ではツインドラムとキーボードによるセッションも繰り広げられた。最後の「wannapunch! - Discover Tokyo - Sunny Day in Saginomiya」では全員の音が重なり合う力強いパフォーマンスで観客を魅了。蓮沼の「皆さん、よい夜を!」の声でライブが締めくくられた。

蓮沼執太 コメント

8月にやった日比谷野外大音楽堂公演とは逆のコンセプトのライブがやりたかったんです。野音に来てくれた人はフィルのことが観たい人だけだったけれど、もっと不特定多数の通りすがりの人や、観光客の人とかに向けてサプライズな音楽体験があるといいなと思ってゲリラライブを企画しました。しかも今日は360°どこからでも観れるスタイルで演奏できて楽しかったです。

この記事の画像(全29件)

蓮沼執太フィル 2019年11月18日 Ginza Sony Park セットリスト

01. Juxtaposition with Tokyo
02. Earphone & Headphone in my Head - PLAY0
03. Triooo - VOL
04. NEW
05. Hello Everything
06. wannapunch! - Discover Tokyo - Sunny Day in Saginomiya

全文を表示

関連記事

蓮沼執太のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 蓮沼執太 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。