音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Suchmos、夢の横浜スタジアムで3万人と描き出した“最高の景色”

4463

Suchmos(Photo by Yosuke Torii)

Suchmos(Photo by Yosuke Torii)

Suchmosが昨日9月8日に神奈川・横浜スタジアムにてワンマンライブ「"Suchmos THE LIVE" YOKOHAMA STADIUM」を開催した。

結成時よりバンドの地元である横浜スタジアムでライブを開催することを目標に掲げ、着実にステップアップを重ねてきたSuchmos。彼らにとっての夢の舞台を見届けるため、この日は各地から3万人のファンが集まった。

台風15号の接近により開催も危ぶまれていた本公演だったが、開演時刻を迎える時間にはうっすらと晴れ間も覗く天気に。そんな中、SEに合わせて「Suchmos」のロゴがステージの大型ビジョンに浮かび上がる。続いてメンバーが1人、また1人とステージに姿を見せ、手慣らしのように楽器を奏で始めた。その音にYONCE(Vo)は声を重ね、「よく来たね!」と叫ぶ。それを口火にOK(Dr)がタイトなリズムを刻み、「YMM」でライブの幕は上がった。

HSU(B)が奏でるダンサブルなビートが曲を支える「WIPER」を経て、YONCEは「来てくれてありがとう。パンパンじゃん! すでにめちゃくちゃ楽しいです」と客席を見渡す。その思いはほかのメンバーも同じようで、「Alright」の演奏中には弾けんばかりの笑顔でプレイする姿がスクリーンに映し出された。その後も、TAIKING(G)が弾くキレのあるリフが炸裂した「DUMBO」や、YONCEが歌詞の一節を「終電で繰り出して関内で待って」に変えて歌い会場を沸かせた「Miree」など懐かしいナンバーが続いた序盤戦。ハイライトとなったのは、YONCEの「Turn on the radio!」の言葉とKCEE(DJ)のスクラッチを合図に始まった「STAY TUNE」だった。幾度となくライブで披露してきたキラーチューンを、6人は丁寧な演奏と共にスタジアムに響かせ、心地よいグルーヴでオーディエンスを飲み込んだ。

辺りが少し暗くなり始めた頃、TAIKINGの奏でる哀愁を帯びたディストーションから「In The Zoo」へ。YONCEがアコースティックギターをつま弾き繊細な歌声を聴かせていると、雨が楽曲の世界を幻想的に彩り始める。さらに壮大なナンバーの余韻を残しつつ、今度はメンバーのコーラスワークが映える新曲「藍情」が奏でられた。豊かなアンサンブルとハーモニーでオーディエンスを惹き付けたあと、メンバーは変化し続けるSuchmosのスタンスを歌った「OVERSTAND」をじっくりとプレイ。「新しい 強く優しい風」という歌詞さながらに柔らかな風がステージに向かって吹き、優しいな空気が会場一体に漂う。アウトロに入ると6人は互いの音に耳を澄ませ、息を合わせながら曲を締めくくった。

「改めましてSuchmosです。やるやると言っていた横浜スタジアムがついに……本当にやってます、今」とYONCEが口にしたことを機にメンバーが順番にトーク。TAIHEIが陽気に「信じてたよ、来てくれることを。マジでうれしいです」と言えば、TAIKINGは「周波数を合わせてくれたってことでいいかな?」と客席を見渡して笑う。OKは「最高だな……」と呟き、普段はYONCEに任せているメンバー紹介を始めた。仲間への愛情に満ちた紹介を終えたOKは「音楽という不透明で形のないものが、これだけの人を惹き付け集めるという事実を知って、本当に音楽をやっててよかったなと思ってます」と語り、前日にファンと偶然会ったエピソードを披露。HSUは「本当にこの6人で不思議な、おかしな人生を歩んでます。こんなところに立ってるなんて信じられない。でも俺たち6人と皆さんは変わらない」と述べ、KCEEは「夢って叶わないから夢だと思ってたけど、今、この瞬間なんだなとと思ってます」としみじみと語った。そしてYONCEは「6人で初めてステージに立ったときから気持ちは変わってない。立つたびにいろんな気持ちに出会うし、いろんなものを見つけていく旅をこれからも続けていきたいと思います」と語るも、「しゃべりすぎ!」と照れたように「MINT」を歌い出した。

このタイミングから球場のバックスクリーンを使った映像演出や夜に合う照明が加わり、楽曲の世界をより引き立てていく。「Hit Me, Thunder」ではスクリーンには雷のエフェクトとメンバーの姿を融合した刺激的な映像が投影され、「Pacific Blues」では夕闇を想起させるオレンジの照明がノスタルジックなムードを高めた。同時に6人は強くなる雨をものともせず、笑顔で力強く楽器を繰り、ときには花道に足を運びオーディエンスの近くでパフォーマンスを展開した。

その後、YONCEの「ラストスパート」の掛け声を機に、KCEEの軽やかなスクラッチが響き「A.G.I.T.」へ。深いリバーブがかかった音と歌声が空高く広がった。またカオティックなアウトロが印象的な「Burn」、TAIKINGの軽妙なカッティングが光った清涼感たっぷりの「808」、YONCEが歌詞の一部を「横浜」に変えてクールに歌った「GAGA」がシームレスに披露され、会場の空気はクライマックスに向けて熱を帯びていく。そして、OKのスティックカウントに続き「VOLT-AGE」がスタート。フラッシュライトのように明滅する照明に合わせて、TAIKINGがかき鳴らすサイレンのようなギターがスタジアム中に響く。その音に呼応するように大歓声が沸き起こり、スタジアムが熱狂に包まれた。さらにリズム隊が奏でるグルーヴを中心にダイナミックなサウンドが描き出され、そこにYONCEが「Show must be going on」と力強く歌う。ラストで「Suchmos」のロゴがスクリーンに浮かび上がり、深い余韻を残して本編は終了した。

「ここから見る景色を楽しみにしてたんだけど、超最高だった」というYONCEの言葉から始まったアンコール。観客がスマートフォンのバックライトの光で星空のような景色を描く中で、彼は「これからもよろしく。本当にありがとう。悠々自適にいこう」と語り「Life Easy」につなげた。TAIHEIの弾く穏やかな旋律を皮切りにそれぞれの楽器の音が重なり、そこにYONCEがアドリブを盛り込みながらパフォーマンス。彼が「また会おう」と3万人に向かって呼びかけると、この日一番の拍手がステージに向かって送られた。最後に6人は雨が上がったスタジアムの中央に立ち、肩を組み笑顔で深く一礼をした。

なおApple MusicおよびSpotifyでは、昨日の公演のセットリストをもとにしたプレイリストが公開されている。

Suchmos「"Suchmos THE LIVE" YOKOHAMA STADIUM」2019年9月8日 横浜スタジアム セットリスト

01. YMM
02. WIPER
03. Alright
04. DUMBO
05. Miree
06. STAY TUNE
07. In The Zoo
08. 藍情
09. OVERSTAND
10. MINT
11. TOBACCO
12. WHY
13. BODY
14. Hit Me, Thunder
15. Pacific Blues
16. A.G.I.T.
17. Burn
18. 808
19. GAGA
20. VOLT-AGE
<アンコール>
21. Life Easy

音楽ナタリーをフォロー