音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

フラカンが映画「台風家族」に主題歌書き下ろし「結果、自分の事を歌ってしまいました」

857

フラワーカンパニーズ

フラワーカンパニーズ

フラワーカンパニーズの新曲「西陽」が、9月6日に公開される草なぎ剛主演映画「台風家族」の主題歌に決定した。

「西陽」は、「台風家族」の監督・市井昌秀からのラブコールを受け書き下ろされた楽曲。作詞・作曲を手がけた鈴木圭介(Vo)は「オファーを頂いて、ラッシュを1回だけものすごく集中して観て、その興奮と感触を忘れないうちに曲にしました。歌詞は映画の内容に沿わせ過ぎず、かつ離れすぎないように書きましたが、結果、自分の事を歌ってしまいました」と楽曲についてコメントしている。なお「西陽」は、フラワーカンパニーズが9月4日にリリースするニューアルバム「50×4」に収録される。

「台風家族」は、市井が構想から12年間温めてきた“両親への想い”を映像化したオリジナルストーリー。銀行強盗を働いたあとに行方不明になった両親の“なんちゃって葬儀”を行うため、ひさしぶりに集まった鈴木家の1日が描かれている。YouTubeでは特報映像が公開されており、「西陽」の一部をいち早く試聴することができる。

※草なぎ剛の「なぎ」は弓へんに剪が正式表記。

鈴木圭介(Vo) コメント

オファーを頂いて、ラッシュを1回だけものすごく集中して観て、その興奮と感触を忘れないうちに曲にしました。歌詞は映画の内容に沿わせ過ぎず、かつ離れすぎないように書きましたが、結果、自分の事を歌ってしまいました。偶然ながら同じ鈴木家だし、監督のOKが出たので大丈夫だったんですよね(笑)?

市井昌秀 コメント

「攻めて下さい」そうお願いしたら、フラワーカンパニーズさんは泥臭く繊細な持ち味を残しつつも、自らの「好き」に忠実な曲を産み出してくれました。それは僕が、自らの「好き」に忠実な映画を作ったことと同じです。主題歌「西陽」が映画「台風家族」とこんなにも溶け合っているのは、そこにあると勝手に思っています。

音楽ナタリーをフォロー