音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

キセルが結成20周年を記念したベスト盤発売、ビクター時代のリメイクも収録

196

キセルの結成20周年を記念したベストアルバム「Kicell's Best 2008-2019」が8月21日にリリースされる。

このベストアルバムはCD2枚組で、DISC 1にはカクバリズム移籍後の2008年以降に発表されたアルバム「magic hour」「凪」「明るい幻」「The Blue Hour」などから選曲した12曲を収録。DISC 2にはビクターエンタテインメント時代の楽曲に新たなアレンジを施し再録した6曲が収められる。

またキセルは9月16日に東京・日比谷野外大音楽堂でワンマンライブ「20th anniversary year of Kicell ~野音でキセル 2019~」を開催する。

辻村豪文(Vo, G) コメント

キセル結成20周年を迎えるにあたって、この度ベスト盤を出すことと相成りました。「若くて有望なミュージシャンがどんどん出て来る中、まだ聴いてもらったことのない人に向けて少しでも間口を広げたい」という角張くんからの提案にありがたく納得しつつ、せっかくの機会なのでライブをやりながらここ10年くらいでアレンジの変わったのを何曲か再録してみたい、という我儘叶って2枚組でのリリースになります。
内容はカクバリズムからの4枚のアルバムの内から選曲してまとめたものと、ビクター在籍時からやり続けてる曲を中心に新しく録り直したもので、再録の方は改ってキセルの原点回帰という訳でもないですが、全曲四畳半宅録です。
なので、何となくDisc1の方は「はじめまして。」、Disc2は「いつもありがとうございます。」という心持ちで作業してました。
初めて聴いてくれる方も勿論ですが、普段からでも時折でもあの頃はでも、キセルのことを心の何処かに留めて置いてくれる人たちに楽しんでもらえたなら、何より幸いに思う次第です。
20年やっても相変わらず不束な兄弟バンドですが、これからも何とぞよろしくお願いします。

辻村友晴(Vo, B, Musical saw) コメント

「20年兄弟でよくやってこれたなぁ~」より、「兄弟やしやってこれたなぁ~」感が強いです。
意見が正反対だったり、面倒と思う事は沢山あるんですが、最近はそういう面倒なところに新しい答えや、見えてなかった風景があったりするんじゃないかと思い、これからもまだやっていけそうな気がします。笑
兄弟で音楽は郷愁が大事やねという話しをした事があります。(確か...)
その郷愁の共有の濃さがキセルの強みなんじゃないかなと思っています。
新しいアイデアは体内フィルターをいい具合に通った音じゃないと嘘っぽくて座りが悪く、兄弟間ですぐにバレます。(特に兄さんが厳しい)
そうやってアイデアと郷愁とを行ったり来たりしながら、ふるいにかけて「面白いね」と言われるものを作ってきましたし、そうあり続けられるよう頑張っていきたいです。それには面倒な事が鍵っぽいです。
ふ~面倒やな。
最後に。
キセルを聴いてくれている方々には感謝の言葉しかありません。
それとこんな僕らと活動を共にしてくれているカクバリズムのみんなやスタッフの方々。
キセルの遅さに耐え、受け入れてくれる度量の深さに感謝です。。
出会えて本当に良かった。
あとはやっぱり両親のおかげです。。
この先、世の中がどうなるか分かりませんが、自分たちの出来る事を見極めて色々発信していきたいと思いますのでこれからもどうぞよろしくお願いします。

キセル「Kicell's Best 2008-2019」収録曲

DISC 1

01. くちなしの丘
02. ビューティフル デイ
03. 富士と夕闇
04. 覚めないの
05. 山をくだる
06. 夜の名前
07. 君の犬
08. 一回お休み
09. 夕凪
10. 時をはなれて
11. ひとつだけ変えた
12. マジックアワー

DISC 2

01. ピクニック
02. 柔らかな丘
03. エノラ・ゲイ
04. ナツヤスミ
05. ギンヤンマ
06. 春の背中

キセル「20th anniversary year of Kicell ~野音でキセル 2019~」

2019年9月16日(月・祝)東京都 日比谷野外大音楽堂
OPEN 16:00 / START 16:45

音楽ナタリーをフォロー