音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

新生GANG PARADE、5年で到達した満員の日比谷野音ワンマンで新たなスタート切る

1173

GANG PARADEと遊び人。(撮影:外林健太)

GANG PARADEと遊び人。(撮影:外林健太)

GANG PARADEが本日5月26日に東阪野音ツアー「CHALLENGE the LIMIT TOUR」のファイナルとなる東京・日比谷野外大音楽堂公演を開催した。

4月にシングル「ブランニューパレード」でメジャーデビューを果たしたGANG PARADE。先日5月19日に大阪・大阪城音楽堂で行ったワンマンライブをもって9人体制を終え、本日WAggから新メンバーとしてナルハワールドを迎えた10人体制での活動をスタートさせた。日比谷野外大音楽堂公演はチケットが完売し、ギャンパレの新たな門出を見守るべく3000人を超える遊び人(ギャンパレファンの呼称)が集結した。

暑さの残る夕方、大歓声に迎え入れられたギャンパレは日比谷野音のステージで横一列に並び、「私たち、エンジョイプレイ! みんなの遊び場、GANG PARADEです!」と元気よく挨拶。メジャーデビュー曲「ブランニューパレード」でライブ開演の狼煙を上げ、パフォーマンスの様子はステージの左右に設置されたスクリーンで大写しにされた。「pretty pretty good」に続き、「Jealousy Marionnette」でキャン・GP・マイカが「日比谷ー!」と煽り、MCではハルナ・バッ・チーンが「GANG PARADEが日比谷野音に来たぞー! 来たぞー! 来ーたーぞー!」と気迫みなぎる表情で叫び、メンバー全員が自己紹介。最後にナルハワールドが「新メンバーのナルハワールドです。よろしくお願いします!」と笑顔を見せると、客席からは惜しみない拍手が送られた。

続いて、ハルナが「宣誓! 我々GANG PARADE一同はこの青空の下で今日という日を迎えられたことに感謝し、今日ここ日比谷野音に集まってくれた皆さんに感謝し、この10人で最高の遊び場を作ることをここに誓います!」と宣言。さらに「遊び人の皆さん、準備はいいですか! いいですか! いいですかー!」と扇動し、アップテンポなポップチューン「Happy Lucky Kirakira Lucky」をハイテンションに届けた。その後、ココ・パーティン・ココが「今日はみんなをここで世界で一番幸せにしてやるぞー!」と意気込み、「QUEEN OF POP」を勇ましく届けていった。広いステージをいっぱいに使い、息のあったパフォーマンスを見せる10人は、「3rd FLOOR BOYFRIEND」「Are you kidding?」をかわいらしい仕草を交えて送り、高みを目指し続けるギャンパレの思いが詰まった「Beyond the Mountain」をエモーショナルに歌い上げた。

ライブ中盤のMCでは、月ノウサギが「ここ日比谷野外大音楽堂は私がWACKを知るきっかけになった……」と話しているところにユイ・ガ・ドクソンが「はあー、人気ほしいなー」とため息をついてトークを妨害。「ブスの気持ちが月にはわからない」といったトークに続き、パンストをかぶった最初のメンバーであるマイカがパンスト芸のおかげで月ノの人気が出たという持論を展開すると、スクリーンに過去のライブで撮影された月ノのパンスト姿の写真が大写しに。ドタバタ劇を繰り広げるメンバーの中、ナルハワールドは「私のお披露目を邪魔しないで! メジャーデビューして、パンストの話でケンカするなんて恥ずかしくないですか!」と割って入ったところで、辻山マネージャーがステージに登場。マネージャーは「ナルハさん、GANG PARADE加入おめでとうございます。GANG PARADEのPはパンストのP。ナルハさん、真のメンバーになりたいですか?」とナルハワールドに問い、頷いた彼女に「ようこそ、GANG PARADEへ」と声をかけた。

メンバーがナルハワールドを囲み、頭からパンストをかぶせて始まったのはミディアムチューン「WE ARE the IDOL」。ナルハワールドはパンストをかぶりながら同曲を披露するという、ギャンパレ流の洗礼を受け、曲終わりにパンストを脱ぎ捨て「私はGANG PARADEの一員になったぞー!」と高らかに宣言。喝采が沸き起こる中、ギャンパレは次にメロディックパンクチューン「BREAKING THE ROAD」を熱く届け、「Looking for 勇者」という盛大な合唱を誘った。カミヤサキが目を大きく見開いて「日比谷野音の皆さん! これがGANG PARADEだ!」と叫び、名刺代わりのナンバー「GANG PARADE」を投下。立て続けに人気曲「FOUL」へとつなぎ、大きく腕を広げてのびのびとパフォーマンスし、野音いっぱいに遊び人の「Body & 10 soul!」というシンガロングを響かせた。

MCでカミヤは日比谷野音公演を満員御礼で迎えられたことに感謝を述べ、「こうやって日比谷野外大音楽堂をGANG PARADEを愛する人たちで埋め尽くすことができて幸せです。今年で結成5年を迎えるんですけれども、その中には私たちのことを応援してくれている人よりもバカにしている人が多い時代がありました。それでも続けた先には何かがあるんだ、高く飛ぶための今なんだと、誰になんと言われようと自分の信じた道を進んでここまで来ました。でもその道には決して私1人が立っているわけではなくて、メンバーだったり、今も昔も支え続けてくれているスタッフさんだったり、同じWACK所属の子だったり、かつての仲間だったり、そして遊び人の皆さんにたくさん支えられて、ときに両腕を担がれ、まだ足を止めるなよと背中を押されながら……やっと今日を迎えることができました!」と涙ながらにコメント。続けて「あきらめかけたし、逃げかけた。ギャンパレを辞めようとも思った。だけどそうせずにいられたのは、こうして目の前にいてくれる大切なみんながいてくれるこの瞬間が大好きで、愛しくてたまらないからです。今日は来てくれて本当にありがとうございます」と述べると、ひときわ大きな拍手が送られた。カミヤは「私はGANG PARADEの音楽は世界一、人を幸せにできると言ったことがあるんですが、それは皆さんがいてくれて初めて世界で一番幸せな音楽になるんです。ナルハを迎えた新しい体制で、心強い仲間と共にこれから先、何があっても皆さんに心に向けて歌い続けます。音楽は明日に向かうための活力を貸してくれます。音楽のおかげで一歩踏み出せるときがあります。今夜、そんな力を届けられるのは私たちしかいません。たくさんの愛をありがとうございます」と続け、カミヤが伝えた熱い気持ちにマッチしたドラマチックなナンバー「LAST」を披露した。

日がすっかり暮れて、ステージの照明と、メンバー、遊び人が腕に付けたバンドライトの光が場内を美しく彩ったライブ後半。インディーズ時代のラストアルバム「LAST GANG PARADE」にシークレットトラックとして収められた「PALET」を丁寧に歌い上げたギャンパレは、「UNIT」に続いてライブ本編のラストに「Plastic 2 Mercy」を披露。客席を埋め尽くす遊び人は肩を組んで大きな声でコールを叫ぶ。ギャンパレはステージ前方に詰め寄って遊び人を煽るなどしつつ、熱狂のままにステージを去っていった。

アンコールではまずナルハワールドが挨拶をし、思いを語った。「これまでWAggという育成グループで活動してきました。そして3月の合宿オーディションで私はGANG PARADEに昇格することができました。これまでWAggとGANG PARADEの練習を両立しなければいけなくて、忙しくてつらくて大変でした。でも9人のGANG PARADEが憧れで、大好きで、それを超えることができるのかが一番怖くて。私には無理なんじゃないかって半分あきらめかけたときもありました。それは自分勝手な思い込みで、たくさんの応援の言葉に励ましてもらって。ナルハだからできることだったと思うと言っていただいて勇気をもらいました」と話し、声を詰まらせる。横にいたヤママチミキに優しく声をかけられ、ナルハワールドは「私は10人目として入れてうれしくてうれしくて、でもどうやって伝えたらいいかわからなくて。とにかく私が言いたいのは、今日からここが私の大切な居場所です。この新しい9人の仲間と一緒に、始まったばかりの令和という新しい時代をGANG PARADEの時代にしていきたいです」と強い思いをファンに伝え、10人で壮大なサウンドの「GANG 2」を熱唱した。

その後、ユメノユアによる告知があり、この公演の模様や舞台裏の様子が7月6日(土)22:00~23:30にフジテレビTWO / TWOsmartでオンエアされることが明かされた。告知は続き、今秋にギャンパレ史上最大キャパのワンマンライブを含む全12公演の全国ツアー「PARADE GOES ON TOUR」の開催が決定したことがアナウンスされ、ツアーファイナルが11月4日の東京・中野サンプラザホール公演であると告げられると、場内に大歓声が響き渡った。アンコールのラストにギャンパレは「CAN'T STOP」をパフォーマンス。ステージではメンバー同士、客席では遊び人同士が手をつなぎ、一体感のあるライブが繰り広げられた。メンバーは「秋のツアーで会いましょう!」と述べ、今後の活動に弾みをつける形で記念すべきライブを大団円へと導いた。

「CHALLENGE the LIMIT TOUR」2019年5月26日 東京都 日比谷野外大音楽堂 セットリスト

01. ブランニューパレード
02. pretty pretty good
03. Jealousy Marionnette
04. Happy Lucky Kirakira Lucky
05. QUEEN OF POP
06. 3rd FLOOR BOYFRIEND
07. Are you kidding?
08. Beyond the Mountain
09. WE ARE the IDOL
10. BREAKING THE ROAD
11. Dreamer
12. GANG PARADE
13. FOUL
14. LAST
15. PALET
16. UNIT
17. Plastic 2 Mercy
<アンコール>
18. GANG 2
19. CAN'T STOP

PARADE GOES ON TOUR

2019年9月7日(土)神奈川県 Yokohama Bay Hall
2019年9月8日(日)神奈川県 Yokohama Bay Hall
2019年9月14日(土)愛知県 DIAMOND HALL
2019年9月15日(土)静岡県 LiveHouse 浜松 窓枠
2019年9月21日(土)福岡県 DRUM LOGOS
2019年9月22日(日)広島県 広島CLUB QUATTRO
2019年9月29日(日)大阪府 なんばHatch
2019年10月5日(土)北海道 札幌PENNY LANE24
2019年10月6日(日)北海道 札幌PENNY LANE24
2019年10月12日(土)宮城県 Rensa
2019年10月20日(日)新潟県 NEXS Niigata
2019年11月4日(月・振休)東京都 中野サンプラザホール

フジテレビTWO / TWOsmart「GANG PARADE CHALLENGE the LIMIT TOUR 日比谷野外大音楽堂」

2019年7月6日(土)22:00~23:30

音楽ナタリーをフォロー