夏目号泣!ウォークオブハイタッチ発生!挫・人間“ダメ人間の希望”歌ったワンマン

424

挫・人間が6月24日に東京・LIQUIDROOMでワンマンライブを開催した。

挫・人間(撮影:高村勇一郎)

挫・人間(撮影:高村勇一郎)

大きなサイズで見る(全9件)

これは彼らが「挫・人間 東名阪ツアー2018~人間合格~」と銘打って行っていた東名阪ツアーの最終公演。5月リリースの最新シングル「品がねえ 萎え」の収録曲を含むバラエティに富んだセットリストで集まった隅っコ(挫・人間ファンの総称)を大いに楽しませた。

下川リヲ(Vo, G)(撮影:高村勇一郎)

下川リヲ(Vo, G)(撮影:高村勇一郎)[拡大]

ステージに現れると重々しいサウンドと共にクールなポーズを決めた挫・人間。ピンク色のセットアップに身を包んだ下川リヲ(Vo, G)は、1曲目「チャーハンたべたい」で柔らかな歌声を響かせてフロアを揺らす。彼らはサポートドラマーの菅大智(ゴールデンシルバーズ、電化アベジュリー)のドラムソロから「多重星」へとつなげ、会場をさわやかな空気で満たしていった。ギターを置いて「おっほん!」と咳払いした下川は、2曲目までのロックバンド然としたパフォーマンスとは一転、“美少女の妹”と化して「お兄ちゃんだぁいすき」をキュートに歌唱する。「人類」ではヘビーなサウンドに乗せて下川が畳みかけるように歌い、夏目創太(G, Cho)とアベマコト(B, Cho)が絶叫。隅っコもメロディに乗せて「ウオーオーオーオオオー」と歌う狂気的な空間が生み出された。

夏目創太(G, Cho)(撮影:高村勇一郎)

夏目創太(G, Cho)(撮影:高村勇一郎)[拡大]

最初のMCで下川は「ようこそ!」「こにゃにゃちわー!」と隅っコを歓迎し、「皆さん、我々が誰だかご存知ですかー!?」の呼びかけに「挫・人間!」と返されると「ウオー!!」と雄叫びを上げる。次にマイクをとった夏目は、序盤にも関わらず感極まって号泣。彼は横で下川が「マジ泣きじゃん!!」と笑う中、「あの……ホントに……よくこんなに集まったなあと思って……手紙とかもらうと『人見知りの自分が挫・人間のライブで踊ってて、自分でも知らない自分がそこにいた』って書いてあって。俺はよく『世界を変えたい』『誰かを救いたい』って言うけど、たぶん俺も自分が変わりたいだけなんだよ! 今日は変われる気がする!!」と熱弁した。さらに夏目は「こっから本気でやるからさ! 行き着く先が地獄だとしてもついてこれるか!? お前たちを絶対もっとでかいところに連れて行く!!」と宣言。そんなMCからバンドが渾身の「人生地獄絵図」をドロップすると、曲中に下川は「涙のギタリスト、夏目創太さんのアメイジングなギターソロでございます! 皆さま、このバカに大きな拍手を!」と愛のあふれる言葉で彼を紹介した。

ウォールオブデスならぬ“ウォークオブハイタッチ”が発生したフロア。(撮影:高村勇一郎)

ウォールオブデスならぬ“ウォークオブハイタッチ”が発生したフロア。(撮影:高村勇一郎)[拡大]

ここで下川から「ドラムス菅大智! 秋田県出身! 愛読書は『美味しんぼ』!」と紹介された菅は、華麗なドラムソロを見せるも自身の持つスティックで“切腹”してしまう。しかしメンバーと隅っコが放った蘇生呪文「ザオリク」によって復活。会場が喜びの声に包まれる中、アベの巧みなスラップベースからライブは「念力が欲しい!!!!!~念力家族のテーマ~」へと突入し、会場には「念力」コールが沸き起こった。歌詞にあるコマンドに合わせて踊る「絶望シネマで臨死」ではさらにアベが“レベル99のコマンド”を指南し、続く「ダンス・スタンス・レボリューション」ではフロアでできるだけたくさんの人とハイタッチをする、ウォールオブデスならぬ“ウォークオブハイタッチ”が発生。下川はその光景に「地獄だー!」と喜び、隅っコと共に何度もバンザイした。

挫・人間(撮影:高村勇一郎)

挫・人間(撮影:高村勇一郎)[拡大]

2013年発売の1stアルバム「苺苺苺苺苺」からのナンバー「ピカデリーナ受精」では、下川が心の内を畳みかけるように延々と言葉を吐き出しステージに倒れこんでしまう。するとステージ袖から彼の友人である“オタク”が登場し、傷心の下川に黒いコートをかけて袖へと歩き始めた。しかし隅っコに「行かないで!」「歌聴きたい!」と呼び止められた下川は「これは幻想だ!」と振り切ろうとするも「俺の歌が聴きたいの? 俺、みんなの前で歌を歌いたい!」とコートを脱ぎ捨てて「ピカデリーナ受精」の歌唱を再開。その場に留まった“オタク”は一礼してフロアにダイブし、大歓声が沸き上がった。

菅大智(ゴールデンシルバーズ、電化アベジュリー)(撮影:高村勇一郎)

菅大智(ゴールデンシルバーズ、電化アベジュリー)(撮影:高村勇一郎)[拡大]

「品がねえ 萎え」の演奏を経て、下川が「人間合格してますか皆さん? まだまだ足りないってやついますか!?」と呼びかけると、多くの隅っコの手が挙がる。これに下川は「ダメ人間のわりにまだまだ余力があるんですね。ライブ終わるまで俺たちバーってやるけど、あなたたちの声とか汗が必要なんですよ!」と言い、バンドは大きな手拍子と声に包まれながら「明日、俺はAxSxEになる……」を披露。本編ラストには「すべての“17才”だった男と女に捧げます」という下川の言葉から「サラバ17才」が届けられ、4人は衝動的な演奏で隅っコを惹き付けていく。ダイブするほどの熱い演奏を繰り広げた夏目は「ありがとー!」と叫び、下川は投げキッス、アベはサングラスをずらして敬礼しながらステージをあとにした。

アベマコト(B, Cho)(撮影:高村勇一郎)

アベマコト(B, Cho)(撮影:高村勇一郎)[拡大]

アンコール1曲目はCDのブックレットで歌詞が割愛されている「Tee-Poφwy」。夏目がセンターマイク、下川とアベがステージ上手の1本のマイクの前に立ってパフォーマンスし始めた。フロア前方で熱く語りかけた夏目は、客席にダイブし隅っコに担がれながらも歌唱を続行する。ステージに降り立つと隅っコと共に「もう!諦めてサンバ!!」と大合唱し、フロアにはサークルモッシュが発生。場内にはなぜか感動的な空気が漂い、夏目は涙を流しながら「ありがとうございました! またね!」と挨拶して下川から「終われるかー!」と突っ込まれていた。

挫・人間(撮影:高村勇一郎)

挫・人間(撮影:高村勇一郎)[拡大]

この日のラストを飾ったナンバーは「下川最強伝説」。下川はこれまで何度もライブで繰り返している叶わなかった初恋のエピソードを話すにあたって、隅っコにも「“もう諦めてサンバ”してんだから余裕だろ!」としっかり聴くように促し、熱いトークを展開していく。彼は「音楽というものはですね、あなた方の絶望を吹き飛ばしたりはしません。あなたたちは絶望しっぱなし、一生。それはね、俺の初恋も消えなかったからですよ。でもどうでしょう、あんた方が道端で歩いてるときにふんわりとしたたんぽぽの綿毛が咲いてました。あなたは一瞬で心を奪われ、それをもいで『ふぅー!』と吹きました。そのふわふわと舞い上がる綿毛を見ているとあなたは一瞬心が安らいで初恋のことを忘れます。その綿毛はどこかアスファルトの隙間で強く、きれいな花を咲かせることでしょう。でもあなたの手元に残ったのはただの茎です。ゴミです。絶望の残り香ですね。でもこれは同時に希望のあった証でもあるんですよ! お前らは絶望しっぱなしだが、それと同時に希望を得ることができるとすれば、俺は、あんた方ダメ人間の希望を歌っていきたいと思うわけよ! 今日はお前たちと全力で歌って帰りたいから! 『下川最強伝説』という曲を最後に歌って帰ります! 今日はありがとー! おい、もっと来てくれ! 歌うぞー!!」と隅っコと「下川最強伝説」を全力で熱唱し、サビでは拳を掲げて心に宿る初恋相手の亡霊を“除霊”。「お前たちはもう立派な“人間合格”だ!」と隅っコをたたえた下川の「共に羽ばたきましょう!」という言葉から会場には「羽ばたきたい」のシンガロングが響きわたった。下川は前列の隅っコの手をつかんだり、投げキッスしたりと満面の笑みを浮かべる。演奏を終えた4人はステージ前方で手をつないで一礼し、「挫・人間 東名阪ツアー2018~人間合格~」を締めくくった。

この記事の画像(全9件)

挫・人間「挫・人間 東名阪ツアー2018~人間合格~」2018年6月24日 LIQUIDROOM セットリスト

01. チャーハンたべたい
02. 多重星
03. お兄ちゃんだぁいすき
04. 人類
05. 人生地獄絵図
06. 念力が欲しい!!!!!~念力家族のテーマ~
07. セルアウト禅問答
08. 絶望シネマで臨死
09. ダンス・スタンス・レボリューション
10. ☆君☆と☆メ☆タ☆モ☆る☆
11. 天国
12. ゲームボーイズメモリー
13. ピカデリーナ受精
14. 品がねえ 萎え
15. 明日、俺はAxSxEになる……
16. クズとリンゴ
17. サラバ17才
<アンコール>
18. Tee-Poφwy
19. 下川最強伝説

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

挫・人間のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 挫・人間 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。