西城秀樹、63歳で死去

1097

西城秀樹が昨日5月16日に急性心不全のため亡くなった。63歳だった。

西城秀樹

西城秀樹

大きなサイズで見る

西城は2003年と2011年に脳梗塞を発症し、右半身麻痺の後遺症を負いながらもアーティスト活動を継続。2015年には還暦記念アルバム「心響-KODOU-」を発表し、2016年12月にはフジテレビ系「2016FNS歌謡祭 第1夜」でパフォーマンスを披露した。なお通夜、葬儀告別式の日程については追って案内される。

1955年4月生まれ、広島県出身の西城は1972年に「恋する季節」でデビュー。1973年リリースのシングル「情熱の嵐」のヒットを機に、「ちぎれた愛」「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」など数々のヒット曲を発表した。

関連記事

西城秀樹のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 西城秀樹 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。