音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

人間椅子による“実演販売”の旅が終着迎える

185

「おどろ曼荼羅~人間椅子2018年春のワンマンツアー」東京・TSUTAYA O-EAST公演の様子。

「おどろ曼荼羅~人間椅子2018年春のワンマンツアー」東京・TSUTAYA O-EAST公演の様子。

人間椅子が4月27日に東京・TSUTAYA O-EASTで全国ツアー「おどろ曼荼羅~人間椅子2018年春のワンマンツアー」の最終公演を行った。

このツアーは彼らが4月4日にBlu-rayとDVDでリリースした「おどろ曼荼羅~ミュージックビデオ集~」を携えて行ってきたもの。大きな歓声と拍手で迎えられた和嶋慎治(Vo, G)、鈴木研一(Vo, B)、ナカジマノブ(Vo, Dr)の3人は1曲目「超自然現象」から激しい演奏でTSUTAYA O-EASTを揺らしていく。「地獄の球宴」で会場の温度をさらに上昇させたあと、フロアに向かって挨拶した鈴木は「北は北海道から南は沖縄まで、『おどろ曼荼羅~ミュージックビデオ集~』を携えての“実演販売”の旅です!」とおどけて観客を笑わせた。彼らは「悲しき図書館員」などのレア曲も交えつつ、バンドの長い歴史を網羅するかのように新旧さまざまな楽曲を披露していく。

「夜叉ヶ池」では和嶋がツアー先の高松で衝動買いしたというギブソン製ダブルネックギターの音を響かせ、「命売ります」ではファンがメンバーと一緒になってサビを合唱。ライブで滅多に演奏されない大作「水没都市」が始まると、観客は静まり返って、和嶋と鈴木による絶妙なハーモニーに耳を傾けた。ナカジマがドラムを叩きながらメインボーカルを行う「悪夢の添乗員」に続けて3人は「地獄のヘビーライダー」「迷信」を畳み掛け、代表曲「針の山」でライブ本編を締めくくった。アンコールでは「浪漫派宣言」「ダイナマイト」の2曲を熱演。フロアからダブルアンコールが沸き起こると、三度ステージに登場した3人は「どっとはらい」でツアーに幕を下ろした。

なお本公演の模様はLINE LIVEで5月7日0:00までアーカイブ配信されている。

人間椅子「おどろ曼荼羅~人間椅子2018年春のワンマンツアー」2018年4月27日 TSUTAYA O-EAST セットリスト

01. 超自然現象
02. 地獄の球宴
03. 幽霊列車
04. 悲しき図書館員
05. 怪人二十面相
06. 夜叉ヶ池
07. 命売ります
08. 東洋の魔女
09. 恐怖の大王
10. 洗礼
11. 水没都市
12. 悪夢の添乗員
13. 地獄のヘビーライダー
14. 迷信
15. 針の山
<アンコール>
16. 浪漫派宣言
17. ダイナマイト
<ダブルアンコール>
18. どっとはらい

音楽ナタリーをフォロー