SING LIKE TALKING、デビュー30周年を彩るニューシングル発表

162

SING LIKE TALKINGが6月27日にニューシングル「Vox Humana」をリリースする。

SING LIKE TALKING

SING LIKE TALKING

大きなサイズで見る(全2件)

Vox Humana

SING LIKE TALKING「Vox Humana」
Amazon.co.jp

SING LIKE TALKING「Vox Humana」ジャケット

SING LIKE TALKING「Vox Humana」ジャケット[拡大]

シングル表題曲のタイトル「Vox Humana」とはラテン語で「人間の声」のこと。デビュー30周年を彩る新曲は「声を発する事が大事」だというメッセージ性を込めた楽曲となった。カップリングには西村智彦(G)によるギターインストゥルメンタル「Too Heavy To March」のほか、OvallとMichael Kanekoによる「Vox Humana」のリミックスが収められる。

またSING LIKE TALKINGは今作のリリースを記念して、7月に東名阪のCDショップでインストアイベントを開催。詳細はバンドのオフィシャルサイトにて確認を。

SING LIKE TALKING コメント

佐藤竹善(Vo, G, Key)

ラテン語のVox Humanaは、英語ではHuman Voice 
30周年を記念する新曲のテーマはズバリ「人間の声」です。声をかけるという事、声を上げるという事、声を聴くという事…
世界に、そして極身近に在りたい優しさの積極性。アンサンブルでのアフリカの音とエレクトロの音の対峙。
静寂と激情の対比。
なにかを感じてもらえたら幸いです。

藤田千章(Key, Syn)

30周年を迎えてのシングル曲です。
どんな事でも、より良き方向に進むための変革が必要なとき、最初の一歩は、声にして発することから。
目の前の困っている人を助けたり、励ましたりするのも、声にして発することから。そう思います。

西村智彦(G)

30周年を迎えるにあたり今回のシングルは我がバンドの定番?アフリカ~ンなサウンドになっております。
またカップリング曲はわたくしのギターインストルメンタルの曲でとてもヘヴィーなロック調でございます。
どうぞよろしくお願いいたします。

SING LIKE TALKING「Vox Humana」収録曲

01. Vox Humana
02. Too Heavy To March
03. Vox Humana (Remix) Remix by Ovall
04. Vox Humana (Remix) Remix by Michael Kaneko
※Remixのタイトルは未定

SING LIKE TALKINGインストアイベント

2018年7月15日(日)東京都 タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIO
START 14:00

2018年7月29日(日)大阪府 タワーレコード梅田大阪マルビル店 イベントスペース
START 13:00

2018年7月29日(日)愛知県 HMV栄 イベントスペース
START 19:00

この記事の画像(全2件)

SING LIKE TALKINGのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SING LIKE TALKING / Ovall の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。